10日、韓国京畿道にある元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」で暮らしていたユ・ヒナムさんがソウル市内の病院で死去した。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年7月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国京畿道にある元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」で暮らしていたユ・ヒナムさんが同日午前8時23分ごろ、ソウル市内の病院で死去した。88歳だった。

「ナヌムの家」によると、ユさんは1928年に忠清南道牙山市で生まれ、15歳の時に旧日本軍に強制連行され、下関で1年間の慰安婦生活を強要された。

韓国政府の認定を受けた慰安婦被害者は238人で、ユさんの死去により生存者は40人となった。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「慰安婦被害者のことを絶対に忘れない」
「慰安婦被害者を放置し、苦しめたのは韓国政府。韓国に日本を批判する資格はない。本当に恥ずかしい」

「生存者を数えることに何の意味がある?どうせ政府は被害者の心を救う気などない」
「ユさんは恨みの多い人生に対する補償と謝罪を受けられずに亡くなった。本当に申し訳ない」

「被害者が亡くなるたびに焦りの気持ちが増えていく。被害者が全員この世を去ってしまったら、慰安婦問題はすぐに忘れられてしまいそう」
「今の政府が慰安婦問題を解決することは不可能。政治家は慰安婦問題を自分たちの利益のために利用しているから」(翻訳・編集/堂本)