tv_20160711121442.jpg

写真拡大

東京目黒区の碑文谷公園の池に阿部祝子さん(88)の切断遺体を遺棄して逮捕された池田徳信容疑者(28)は、「金銭目的で阿部さんのマンションに侵入」(宇賀なつみキャスター)したことがわかった。

マンションの防犯カメラには「6月20日、21日に荷物を持って池田容疑者が出入りする姿をとらえていました」と中谷隆宏リポーターが報告した。公園の防犯カメラにも池田は写っていた。

母親と二人暮し

池田はベランダから入り、阿部さんを殺害した後、部屋にあった包丁で切断して池に捨てたという。包丁は別の場所に捨てたとも話しているようだ。部屋からは血痕が見つかった。警察は池田の自転車を押収して調べている。

池田は現場近くで母親と二人暮らし。「おとなしいイメージの人」(近所の女性)だったという。