69位タイで4日間の競技を終えた原江里菜(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米女子オープン 最終日◇10日◇コードベールゴルフクラブ(6,752ヤード・パー72)>
 カルフォルニアの海外メジャーコードベールゴルフクラブ「全米女子オープン」最終日。66位タイから出た原江里菜は“81”とスコアを9つ落としトータル17オーバーの69位タイで4日間を終えた。
【関連】ドレスに着物とオフショットも!原江里菜フォトギャラリー
 「難しかったし、自分の中で押し引きもできなかった」。4つ落とした3日目同様苦しい展開に。18番パー5では3打目を池に入れて、また次のアプローチも池へ。「欲が出てしまった。我慢しないといけないところで無理をしてしまった」と“9”を叩いた。
 「コースセッティングは思っていた通り。でも、自分はもっとできると思っていた」と悔しさを滲ませる。「日本のコースならミスでボギー、でも、ここは思ったように攻めてもボギー。そこはいつもの悔しさとは違う。ちゃんと攻めたのにボギーって。ショットに関してももっとできることはあるけど、やっぱりアプローチ、パター。もうちょっと色んな種類ができたら良かったなと思う」。
 「見事にコテンパンにやられた」という4日間だが良いこともあった。「今後の日本に役に立つことはある。考えた方、感じ方に新しいことを得たと思っているので、また来週からに生かせると思う」。次は大事なホステス大会「サマンサタバサ レディース」。お世話になっている人たちの前で、経験を生かした成長した姿を見せたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>