「オールステンレス」のコンテナが、人体に安全な理由(しかもカッコイイ)

写真拡大

作りすぎた料理を詰めたり、お弁当箱にしたり、保存容器はなにかと重宝するキッチンウェアです。

でも、ちょっと気になるのがその素材。手頃な価格のものはプラスチック製が多く、耐熱性や食品との組み合わせが気になります。

そこで見つけたのがカナダ発のステンレス製キッチンウェア「ONYX CONTAINERS」。

ハンサムなその姿はなんとも凛々しく、置くだけでキッチンがシャープな印象に。

安全で美しくておしゃれな保存容器のコンテナONYX CONTAINERS_1

見た目だけじゃない、デザインと実用性を兼ね備えた「ONYX CONTAINERS」は、ある女性の愛娘への思いから誕生しました。

2011年に誕生した「ONYX CONTAINERS」は、カナダ出身のキャロラインさんという女性によって設立されたブランド。

そのきっかけは、娘の誕生を機に、食品の安全性や保存方法について考えるようになったことに起因します。

なかでも、食品とプラスチックの組み合わせに疑問を感じたキャロラインさんは、プラスチックに含まれるBPAという化学物質が環境ホルモンとして人体に悪影響を及ぼすことを知り、それに変わる素材を模索。

ガラスや陶器は安全だけれど、割れた破片を誤って子どもが踏むかもしれない……。ふたがプラスチック製では意味がない……。

そこでキャロラインさんが惚れ込んだのが、キッチンのワークトップや、ボウルなどにも使われている「ステンレス」です。

プラスチックに代表される樹脂製品は、使うたびに表面に細かなキズがつき、そこに汚れや食べ物が付着して菌が増殖することがあります。

その点、キズがつきにくいステンレスは、衛生面からみても安全で、環境ホルモンの影響も回避できることから、キャロラインさんはステンレス製の容器を探し求めます。

ところが、フードグレードでは薬品工場や製造現場で使用されているような、耐食性・耐熱性に優れた品質のステンレス製容器が市場にないことが判明。

それならば自分で作ってしまおう!と考えたキャロラインは、高品質ステレスコンテナ「ONYX CONTAINERS」を誕生させました。

いやはや、母は強しです。



「ONYX CONTAINERS」のスゴイところは、製品すべてにオールステンレスを採用しているところ。

お弁当のお箸もこの通り。



ストローだって。



熱伝導率に優れたステンレスは、野菜やフルーツなどの保存にも適しています。

ほどよく冷えたサラダをそのまま食卓に。なんともおしゃれではありませんか!



変わったところでは、手作りアイスキャンディー用の「アイスポップモールド」。

ステンレスの性質を生かした高速フリーズで、あっという間においしいアイスキャンディーのできあがり。

母の愛から生まれた「ONYX CONTAINERS」は、ハンサムでクールでありながら、食の安全にとことんこだわる優しいナイスガイといったところ。

しかもタフとくれば、これはもう使わない手はありません。

購入は「ONYX CONTAINERS」の公式オンラインショップ、一部商品はATAU GENERAL STOREでも取り扱っています。

ぜひ、オールステンレスのパーフェクトな使い心地を実感してみてくださいね。

[ONYX CONTAINERS]
ONYX/straws3[ATAU GENERAL STORE]
Onyx Glass Round Airtight 2 Piece Container Set[Amazon]