あなたの好みを学んで進化する、世界初の「人工知能ビール」

写真拡大

人工知能を活用し、顧客から集めたフィードバックをレシピに反映させてつくられる世界初の「人工知能ビール」が発売された。1本約590円で購入することができる。

「あなたの好みを学んで進化する、世界初の「人工知能ビール」」の写真・リンク付きの記事はこちら

人工知能(AI)の助けを借りながら進化していく、世界初のビールが発売された。4種類あり、いずれも顧客から受け取ったフィードバックに基づいたレシピに従ってつくられている。

システムの窓口は、Facebook Messengerのボットだ。ボットが顧客からフィードバックを集め、それを受け取った醸造者(人間)がレシピを変更する。このビールをつくったIntelligentX Brewing社(本社ロンドン、機械学習企業のIntelligent Layer社とクリエイティヴエージェンシーの10x社による共同事業)によると、AIを使うことで醸造者は「これまでよりも迅速に」顧客からフィードバックを受け取り、試してみることができるという。

ボトルに印刷されたコードからボットにアクセスすると、ボットからいくつかの質問をされる。この際の情報をアルゴリズムが分析する。アルゴリズムは顧客からのフィードバックを学習し、将来の質問の改善につなげる。

ボットからの質問は、顧客の好みとフレーヴァー(例えば「ホップが利いたスタウト好き」など)を問うもの。通常は10点満点評価、「はい」か「いいえ」の選択、多項選択方式からなる。AIは強化学習と呼ばれるシステムにより、それまでの活動を学習して将来のよりよい結果につなげる。つまりAIは、「顧客を満足させる」という評価軸に基づき「報酬」を与えられる。

得られたフィードバックが蓄積され、トレンドやユーザーの情報に基づいた醸造が行われる。その結果、ビールも時間とともに徐々に進化していく。

RELATED

IntelligentXの共同創業者であるヒュー・リースは、「AIはいわば、すべての顧客を醸造者のいる部屋に連れて行く仕組みだ」と言う。彼はさらに、大量のデータを人間が収集するのは極めて困難で時間がかかるが、AIなら簡単に集めて分析できると話している。

IntelligentX社の4種類のビールは、過去12カ月間のトライアルで収集されたフィードバックに基づき、これまでに11回の進化を遂げている。現在これらのビールは、イーストロンドン地区のテックイヴェントで販売されており、また、WeWorkのコワーキングスペースに置かれている。同社は、いつの日か主要なビール醸造大会での優勝を目指している。

ゴールデン、アンバー、ペール、ブラックの4種類のビールは、現在1本4.5ポンド(約590円)でUbrew社から購入できる。