『バケモノの子』 (C) 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

写真拡大

2015年7月11日に劇場公開され、観客動員数459万人という2015年夏の邦画No.1ヒットを記録し、第39回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた細田守監督作『バケモノの子』が日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で7月22日にテレビ初放送されることがわかった。

アニメ映画『バケモノの子』が興収50億円突破。展覧会も7万人を動員

本作は、人間とバケモノの世界を行き来する少年と、師匠となるバケモノ・熊徹との父子にも似た不器用ながらも愛情深い触れ合いを描いた作品。海外でも、サン・セバスチャン国際映画祭でアニメーション映画として初のコンペティション部門に選出されたほか、世界49の国と地域で配給が決まり、世界各地で上映された。

そんな大ヒット作が、放送時間を25分拡大し、本編ノーカットで放送される。今回のテレビ放送に細田監督は「初放送をすごく嬉しく思っています。『バケモノの子』は基本的にアクション映画ですので、面白いことが次々に起こります。テレビの前でワイワイみんなで楽しんで見てください」とのコメントを寄せている。

『バケモノの子』の放送は7月22日(金)よる9時00分〜11時19分(25分拡大)に本編ノーカットで放送される。

【関連記事】
細田守監督、広瀬すずを絶賛!「天才だな」/『バケモノの子』初日舞台挨拶
『バケモノの子』が観客動員300万人を超え、興収38億円を突破!
【映画興収レポート】7月公開作は『バケモノの子』『アベンジャーズ』が同率1位、日テレあげての大宣伝も効果
細田守監督新作『バケモノの子』の主題歌にMr. Children