(写真提供=SPORTSKOREA)

写真拡大

韓国では18歳から29歳までの男性に、約2年間の兵役の義務がある。その期間は社会から切り離され、過酷な訓練を受けるため、非常にセンシティブな話題だろう。

そもそもなぜ韓国には、徴兵制度があるのだろうか。それは、現在も朝鮮半島を舞台にした朝鮮戦争(1950年〜1953年)が“休戦”状態だからだ。戦争は完全に終っておらず、今現在は休んでいる状態であるため、韓国と北朝鮮の間には常に軍事的緊張がある。だから国防のために兵役の義務が課せられているわけだ。

では、韓国の男性が兵役につく過程を追ってみよう。

そのはじまりは17歳から。韓国の男性は18歳になる年の1月1日から兵役義務が発生し、「第1国民役」に編入される。第1国民役とは、兵役に服務する義務者のこと。そして、19歳になる年に、徴兵検査を受けることになる。住んでいる市にある施設で行われる徴兵検査では、心理検査や身体検査を受けて、その人が兵役につける健康状態にあるかどうかの判定が下される。本格的な専門医による検査もあるそうだ。

JYJメンバーの徴兵検査へのやっかみとは

ちなみに、JYJメンバーが徴兵検査を受けたのは、2011年2月頃との報道がある。

キム・ジェジュンが25歳、パク・ユチョンが24歳(25歳になる年)、キム・ジュンスが23歳のときにあたる。一般的には19歳で徴兵検査を受けることから、一部では「芸能人の特権では?」との声も上がった。しかし、韓国の兵役法には、国外を往来する船舶の船員や、国外に滞在していたり居住したりしている人は徴兵検査を延期できると明記されている。ただのやっかみと言えそうだ。

徴兵検査を受けると、1〜7級の判定が下る。1〜3級は精神的・肉体的に「問題なし」ということで、兵役につくことに。2015年3月31日に入隊したJYJのキム・ジェジュンやSUPER JUNIORのソンミンらも、1〜3級の判定を受けたわけだ。

4級は「補充役」と呼ばれる公益勤務につく。軍隊生活を送ることが困難な障害や怪我を持つ人、また家庭が貧しくて家族を養う必要のある人もここに含まれる。公益勤務も兵役のひとつだが、国家機関、地方自治団体、公共団体、社会福祉施設などで社会サービス業務や行政業務などの支援を担当する。通勤も自宅からだ。ちなみに、徴兵検査を受ける人たちの95%が、ここまで紹介した1〜4級に分類されるという。

兵役の種類は意外と多い

5級は、平常時の入隊や招集は免除されるが、戦時には勤労招集対象となる「第2国民役」に。

第2国民役の話が出たので、ここで一度立ち止まって、兵役の種類について見ていこう。

仝縮髻徴兵または志願によって入営した兵。兵役法または軍人事法により現役として任用された将校、准士官、副士官および武官候補生も含まれる

⇒夙役:現役を終えた人

J篏写髻徴兵検査を受け、現役服務できると判定された人の中で、兵力の需給事情により現役入営対象者に決定されていない人。また、社会服務要員、産業機能要員などで服務または義務従事しているか、その義務付けられた勤務を終えた人

ぢ1国民役:兵役義務者のなかで、現役、予備役、補充役、第2国民役ではない人。韓国の男性は18歳になる年に編入される

ヂ2国民役:徴兵検査の結果、現役や補充役の服務はできないが、戦時中、勤労の召集による軍事支援業務は耐えることができると定められた人

ペ・ヨンジュンやチャン・ドンゴンは6級

話を戻すと、5級の判定を受けた人は第2国民役となる。

そのほか、海外在住の韓国人や外国国籍保持者、また、孤児や実刑を受けている人も5級に含まれるという。兵役を逃れるために、韓国財閥の息子などがアメリカ国籍を取得したなどとニュースが報じられることがあるが、その理由がここにあると言えるだろう。

続く6級は兵役免除。肉体的に軍務・公益につくことが不可能である人がここに該当する。芸能人でいえば、チャン・ドンゴンが気胸手術を受けていたことを理由に兵役免除となっており、ペ・ヨンジュンも視力不足で免除されている。オリンピックの金メダリストや、スポーツの国際大会で一定の成果を上げた選手なども、褒章として兵役免除となる。7級は、再検査判定という判定だ。

徴兵検査について付け加えておくと、いかに精神的・肉体的に健康であっても、中学中退以下の学歴者は1〜3級に分類されることはないそう。兵役においても超学歴社会である韓国らしさが出ているのかもしれない。

【参考記事】入隊時期を延期できる2つの制度と服務期間

(文=S-KOREA編集部)