「全米女子オープン」終了後の最新世界ランキングが発表され、日本勢の上位2名・野村敏京と大山志保がリオ五輪日本代表に決定した。
【関連】全米女子オープンフォトギャラリー
 同大会で始まる前に2番手につけていた大山志保が予選落ち、4ランク下の渡邉彩香が予選突破したが、渡邉は38位と1ランクアップにとどまり、大山は1つ順位を落としたものの日本勢2番手を死守。リオ五輪への出場権を得た。
 なお、野村、大山が出場しない場合、次点の渡邉彩香、宮里美香へと繰り下がる。
22位:野村敏京(3.48pt)
43位:大山志保(2.00pt)
45位:渡邉彩香(1.99pt)
47位:宮里美香(1.95pt)
58位:鈴木愛(1.74pt)
64位:菊地絵理香(1.65pt)
68位:上田桃子(1.57pt)
83位:笠りつ子(1.35pt)
87位:横峯さくら(1.33pt)
89位:宮里藍(1.32pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>