取るだけムダだった!? 役に立たない資格8選 「国内しか通用しない●●検定」ほか

写真拡大

今の仕事に直結しているなど、なくてはならない資格がある一方で、「なんで取ったんだろう」と思えるようなものもあったりしますよね。「あんなに一生懸命勉強して取った資格も、今や何の役にも立っていない……」という残念なエピソードについて働く女性たちに聞いてみました。

■英検

・「英検二級。履歴書には書けるが特によくもなく悪くもない。」
(26歳/その他/その他)

・「ズバリ英検です。これは日本国内でしか通用せず、やはりTOEICでしょう」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「英検。英語に接し続けないと意味がない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

英検でも1級だったり、会話もすらすらできるぐらいだとちがうのかもしれませんが、履歴書に書いてもいまいちインパクトに欠ける級数だったり、会話力をともなわなかったいすると、正直「英語で即戦力になれます」とは言い難いところかもしれません。

■乗り物免許系

・「危険物。フォークリフト。大学在籍中にとれたので取ったが一度も使ったことはない。」(35歳/学校・教育関連/その他)

・「普通自動二輪免許。若気の至りでとりましたが、一度も乗ったことがないです。」(33歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「普通自動車免許。3年で2回しか運転したことがなく、ペーパードライバーとなっているから」(35歳/医療・福祉/専門職)

一度も乗ったことがないとなると、確かに役立てている実感はないですよね。ただ、自動車や二輪ならいざというときに取り直しになると面倒なので、更新はしておきたいもの。ただ、フォークリフトは仕事にしないとなかなかチャンスがないかもしれません。

■意外と役に立ってないこんな資格も

・「秘書検定2級。基本的なマナーが主な内容だから当たり前すぎて必要ない。」(34歳/小売店/事務系専門職)

・「漢字検定。日常生活では使わない感じだったし、もう忘れたから。」(27歳/金融・証券専門職)

・「危険物取扱主任者。普段危険物を取り扱わないから」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「簿記。職業柄特に役に立っていない。内容も忘れた。」(30歳 /ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

漢字や簿記などは、普段書いたり使わなかったりすると確かに忘れてしまいそう。せっかく勉強したのにもったいないですよね。やってみれば、勘が戻るものなのでしょうか。

■まとめ

確かに今は「役立っていない」と思う資格でも、もしかしたら今後転職したり、新たな趣味ができたりしたときに「持っていて良かった」と思う資格に変わる可能性もあります。なんにせよ、一度勉強したということは事実。自分自身の引き出しが増えたと思えば、ムダな勉強はないのかもしれませんよ。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数200件(25歳〜35歳の働く女性)

(錦織寿恵/フォルサ)