画像

写真拡大

 国内外の事業拡大を目指し、スマートニュースは日本政策投資銀行をリードとする総額38億円の資金調達を実施した。累計調達額は91億円にのぼる。

 スマートニュースは、7月8日、同社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」事業の強化を目的として、日本政策投資銀行をリード投資家とする総額38億円の資金調達を実施した旨を発表した。今回の資金調達を含め、累計での資金調達額は91億円にのぼる。SmartNewsのダウンロード数は世界1,800万超。今回の資金調達により、国内外の事業拡大のため、人材採用、プロダクト開発及びマーケティングの強化を目指す。

MarkeZine編集部[著]