マジありえないから! 会社でおかしいと思った女子の服装&身だしなみ8

写真拡大

近年は女性の制服を廃止し、自由な服装での出勤を認めている会社も増えてきていますが、会社の秩序を維持するためには個人個人が社会人としての自覚を持つ必要があります。ですが中には仕事には適さない服装で出社して周囲をあきれさせている人も。会社でおかしいと感じた同性の服装を社会人の女性に聞いてみました。

■奇抜すぎてついていけない髪型

・「金髪! 医療機関なのに、キンキンな髪の色には、引きました……」(32歳/医療・福祉/その他)

・「似合っていましたが、後頭部を刈り上げてサイドの髪をあご下まで伸ばし、私服はパンク系のワイルドな女性がいました。彼女以外は似合わないスタイルだと思いました。社員規定では黒髪ならOKだったのですが、奇抜な印象でした」(31歳/その他/その他)

職場で奇をてらった髪型にする必要はありません。本人はおしゃれを楽しんでいるつもりかもしれませんが、社会人になってTPOを理解していないような身なりはイタイ印象を与えてしまうこともあります。髪型はすっきり清潔にまとめましょう。

■その服はお出掛けのときに楽しんで

・「ボーダー柄のスカートの下にストライプ柄のスカートをはく」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「私服出勤で、大掃除なのにすごいオシャレしてきた」(32歳/学校・教育関連/専門職)

いくら私服OKの会社でも、カジュアルすぎる服装や遊びに行くときの服装もOKというわけではありません。オフィスカジュアルの枠を超えず、実用性の高い服装を心がけたいですね。

■過剰な女アピールは下品なだけ

・「ワイシャツの下にインナーを着ないで、ボタンの隙間から下着が見えてる」(29歳/アパレル・繊維/その他)

・「胸の大きく空いた服。ブラウスのボタンをかなり外している人」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ビジネスシーンで胸を強調しても、色気を感じるどころか下品な人に見られてしまうこともあります。マナー違反だと捉えられる場合もあるので、過度な露出は控えた方がベターですね。

■家を出るのは身だしなみを整えてから

・「シャンプーをしたまま出てきたのか、バスタオルをつけて髪が濡れたまま出社してきたとき」(26歳/その他/その他)

・「ノーメイクで寝間着のような格好で出社してきたとき」(26歳/情報・IT/技術職)

寝坊してしまったのかもしれませんが、いくら急いでいても準備途中のまま出社するのは考え物です。いつも朝に慌ててしまうという人は、まずは少し早めに起きることから始めるといいかもしれませんね。

服装はその人の内面を映す鏡とも言われます。ビジネスシーンにそぐわない服装では、自らの信頼を失ってしまうことにもなりかねません。自分の評価をいたずらに下げないためにも、業務に適した服装で仕事に臨みたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜34歳の働く女性)