決勝ゴールのエデル「ロナウドは僕が決勝ゴールを決めると予言していた」

写真拡大

▽ユーロ2016で決勝ゴールを奪いポルトガル代表を初の優勝に導いたFWエデルが、FWクリスティアーノ・ロナウドの予言が当たったことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ポルトガルは10日、ユーロ2016決勝で開催国のフランス代表と対戦。ゴールレスで90分を戦い終えた一戦は、109分にエデルのゴールでポルトガルが先制。そのまま逃げ切りに成功し、初のユーロ制覇を達成した。

▽決勝ゴールを奪ったエデルは試合後にインタビューに応じ、C・ロナウドが自身の得点を予言していたことを明かした。

「ロナウドには僕が決勝ゴールを決めるだろうと予言されていた。その言葉は僕に強さを与えてくれたね。僕の大会初ゴールだった」

▽また試合について振り返ったエデルは、全員で掴んだ優勝だと強調している。

「みんなが全てを出しつくした結果だ。ポルトガル国民にとっても嬉しい出来事となったはずだよ。僕らを祝福して欲しいと思っている」