テクノロジーの進化の先に、明るい未来が想像できないのなら:ケヴィン・ケリー

写真拡大

『WIRED』の創刊編集長、ケヴィン・ケリー。2016年7月の邦訳新刊の発刊を前に、テックグルのアイデアの数々を紹介する。今回は、テクノロジーの進化の先にある未来について。いま、百年先の明るい未来を想像しづらいなか、人間が目指すべきは「ユートピア」ではないとケリーは言う。〈堺屋七左衛門の「七左衛門のメモ帳」から、クリエイティヴコモンズのもと転載〉

「テクノロジーの進化の先に、明るい未来が想像できないのなら:ケヴィン・ケリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

【満員御礼】7/23開催! ケヴィン・ケリー新刊刊行記念イヴェント

現在もっとも尊敬されるデジタルカルチャーの論客である『WIRED』の創刊編集長ケヴィン・ケリー。2016年のSXSWにも登壇し話題をさらったテック界随一のグルが、今夏発売となる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの』とともに来日。7月23日(土)は、ケリーの特別講演+ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者・尾原和啓を迎えたトークセッションも開催(詳細はこちら。チケットは完売いたしました)。ケヴィン・ケリー関連のアーカイヴ記事はこちらより。

「ユートピア」とは、すべてつくり話だ。そこには必然的に欠陥があって、決して現実になることはない。

わたしはユートピアの存在を信じない。特に技術に関するものについては信じない(これは、わたしが技術に関するユートピア論者だという批評家の非難を阻止するものではない)。わたしのユートピアに対する嫌悪感はますます深くなっている。ぜひそこに住んでみたいと思うようなユートピアには、まだ出合ったことがない。

魅惑的な「ディストピア」

ユートピアはあり得ないのだから、わたしはそんな悪夢について心配していない。でも、その悲観的な反対概念、すなわち「ディストピア」は、一見なさそうだが、ありえる。ディストピアは魅惑的で、たいていのユートピアと比べてはるかに楽しめそうである。

ディストピアは容易に想像することができる。「地球上で最後のひとり」という絶望的な世界を想像できない人がいるだろうか? あるいは、ロボットに監視される世界、崩壊する巨大都市、またはハルマゲドンなど。

現代文明が崩壊する道筋の可能性はいくらでもある(わたしの以前の投稿“Collapsitarians”を参照されたい)。しかし、ディストピアが映画やドラマみたいで容易に想像できるからといって、それが発生する可能性が高いことにはならない。

ディストピアの欠陥

ディストピアの話によくある欠陥は、それが持続可能でないことである。一瞬の混沌を見せるが、すぐに自己組織化する。「最初の崩壊」で活躍するかに見えた無法者や裏社会は、急速に犯罪組織や過激派に移行する。無法状態は不法事業になり、さらに不法事業は間もなく一種の悪徳政府になる。こうして無法者たちの収入が最大化していく。

ある意味では、速やかな欲望がディストピアを速やかに是正する。本物のディストピアは、マッドマックスやブレードランナーではなくて、昔のソヴィエト連邦やリビアのようなものである。無法状態ではなくて、息の詰まるような官僚政治だ。恐怖によって支配されていて、一部の人が利益を得る以外は、その社会は束縛されている。しかし、そこには、海上にいる海賊と同様に、ちゃんと法と秩序がある(“The Invisible Hook”参照)。

つまり、一般にディストピアと聞いて連想するようなひどい無法状態は、本物の崩壊した社会では許されない。大きな無法者が小さな無法者の存在を最小限に抑えている。

RELATED

ユートピアでもディストピアでもない「プロトピア」

人間が目指すところは、ユートピアでもディストピアでもなく、あるいは現状維持でもなく、「プロトピア」だと思う。

プロトピアとは、ほんのわずかであっても、昨日よりも今日よりもよい状態である。プロトピアを視覚化することはきわめて困難だ。なぜならば、プロトピアは新しい利益と同数の新しい問題を含んでいる。このような有用と崩壊との複雑な相互作用を予測することは非常に難しい。

今日では、わたしたちは技術革新の否定的側面を十分に承知しているし、また過去のユートピアが約束したことにも失望している。だからプロトピア、すなわち明日は今日よりもよいということについても信じる気にはなれない。自分がそこで生活したいと思うような、何らかの未来を想像するのは非常に困難である。科学小説(SF)に描かれた未来で、妥当であって、しかも望ましいものをひとつでも挙げられるだろうか?

いつかまた、未来の展望を考えたくなるときがくる

いまは誰も未来へ行きたいとは思わない。みんなそれを避けようとしている。いまから百年後の生活に憧れてはいない。多くの人はそれを恐れている。そのせいで、未来を真剣に考えることが困難になっている。だから世代にわたる展望がない。いまのわたしたちは、短期的な考えにはまりこんでいる。

さらに、「特異点」という見方を認めている。すなわち、百年後の未来を想像することは技術的に不可能だというのである。したがって、わたしたちが目指すプロトピアは存在しない。

このように未来が見えないことは、現代社会では不可避な苦悩なのかもしれない。たぶん、現在の文明および技術の発展段階においては、永続的かつ間断なく未来が見えない状態に突入しているのだ。ユートピアもディストピアもプロトピアも、すべて消滅している。「見通しのきかない現在」があるだけだ。

そういうこともありうる。しかし、未来が見えないいまの状態は、過渡的な局面にすぎないとわたしは思っている。望ましい未来の妥当な展望、すなわち今日よりも少しだけよい未来の展望が、いつか再び生まれるようになる。

このプロトピア的な考え方は、ディストピアやユートピアほど刺激的ではないが、それを目指すのも十分刺激的なことだと思う。

INFORMATION

【満員御礼】7/23開催! ケヴィン・ケリー新刊刊行記念イヴェント

現在もっとも尊敬されるデジタルカルチャーの論客である『WIRED』の創刊編集長ケヴィン・ケリー。2016年のSXSWにも登壇し話題をさらったテック界随一のグルが、今夏発売となる新刊『〈インターネット〉の次に来るもの』とともに来日。7月23日(土)は、ケリーの特別講演+ベストセラー『ザ・プラットフォーム』の著者・尾原和啓を迎えたトークセッションも開催(詳細はこちら。チケットは完売いたしました)。ケヴィン・ケリー関連のアーカイヴ記事はこちらより。