材料2つ! インパクト大の「紙パックゼリー」を作ってみた☆

写真拡大 (全10枚)

暑い季節についつい食べたくなるのがひんやりデザート。中でも、食欲のない時につるんと食べられるゼリーは重宝しちゃいますよね。

いま、SNSでは紙パックドリンクをまるごと使ったゼリーが話題になっているんだとか。簡単にできるということなので、筆者も挑戦してみました!


材料はゼラチンと紙パックドリンクだけ! 今回はゼラチン20g、オレンジジュース1000mlを使いました。お好みのドリンクを用意してくださいね。 また、お好みで砂糖を足しても良いですよ♪


電子レンジOKな大きめの容器にゼラチンを入れ、ジュースを100ml程度入れて3分程置いてふやかし混ぜます。その後、電子レンジで加熱してゼラチンを溶かします。今回は50秒ほどで溶けました。ゼラチンは加熱しすぎると固まらなくなってしまうので、様子を見ながら過熱して、溶けたら取り出してくださいね。


溶けたゼラチンを取り出したら、そこへジュース200mlを少しずつ混ぜながら加えます。冷えたジュースに急にゼラチンを入れるとダマになってしまうので、このひと手間は必須! 砂糖を入れる場合は、ジュースの前に入れて混ぜて溶かしてください。


よくかき混ぜたら、紙パックにゼラチン入りジュースを戻します。そして、紙パックの中もクルクルかき混ぜます。下の方まで届くよう、菜箸などで混ぜると◎。


混ぜ終わったら冷蔵庫で4〜5時間冷やします。口をクリップなどで止めておくと良いですね。


わくわくしながら紙パックを覗いてみると……完成です! しっかり固まっています!


どーん! まるごと取り出すと、インパクト抜群! このように、そのまま取り出したい場合は、紙パックに外側からお湯をかけると取り出しやすいですよ。


家飲みのデザートに、このまま出したら盛り上がること間違いなし♪


もちろん、取り分けてもOK! 紙パックそのままのずぼらなスイーツだとはわかりません(笑)。おしゃれ女子会でも大丈夫。

材料も少なく、洗い物も少ないのに、一度に簡単にたくさん作れる紙パックまるごとゼリー。お好みのドリンクで試してみてくださいね。砂糖の量を自分で調整できるから、ダイエット中でも安心。とはいえ、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!

(田中いつき+ノオト)