恋愛対象にすらなれない…「男に幻滅されるアラサー女性」の特徴

写真拡大

アラサー以上になると、「結婚を考えていて、そのための出会いを探しています」と考える女性は多いですよね。

しかし、「デートを2〜3回すると、どちらともなく連絡が途絶えて、関係が終わってしまうんです」ということも、とてもよくあります。こういった場合、どちらかが相手に幻滅していると考えられます。

せっかく出会ったのに、幻滅されて終わってしまうなんてもったいないですよね。

そこで今回は恋愛カウンセラーの筆者が、男が幻滅してしまうアラサー女性の特徴をご紹介します。

■1:男性を査定する発言が多い

アラサーともなると、ひと通りの経験はこなしていることでしょう。恋愛における価値観も、ある程度は固まってきていると思います。

ですから、恋愛で“こうあるべき”という項目が増えてしまう場合が多いのです。

増えるのは構いませんが、「付き合っていたら、毎日電話するのが当たり前だよね」、「私のことを大切に思っていたら、〇〇してくれるのは当然!」など、相手の男性に自分の価値観を押し付けてしまっては、幻滅される原因になります。

■2:お金のかかる趣味が多い

「自分を磨くため、ヨガやネイルを頑張っています」、「自分を磨くため、英会話の勉強をはじめました」、「趣味は旅行。長期休暇は、必ず海外へ出かけます」――。

女同士では「いいねぇ、素敵!」と思われそうな趣味ですが、男性にこの話をしても「なんだかお金がかかりそうだな……」と思われるのです。ある程度の稼ぎや資産がある男性ほど、お金がかかる女性を敬遠する傾向があります。

もちろん男性には「自分が稼いだお金を使うことで彼女を喜ばせたい」という気持ちはあります。ですから「付き合っていて結果的にお金がかかった。彼女は感謝してくれているし、まぁいいか!」となるのはOK。

ですが、まだ相手を好きになりきっていないのに“お金がかかりそうだ”というイメージを持たれてしまうことがNGなのです。

■3:なかなか心を開かない

心を開く度合いは、男性によって異なります。ですが、付き合う前のデートであれば、3回目くらいで「俺に全く心を開いていないな……」と感じたら、離れていくケースが多いです。

人によっては“心を開いていない=他の男の影がする”と感じてしまうんですよね。

あなたが人見知りで心を開くのに時間がかかる場合、「私、心を開くのに時間がかかるタイプで……だけど、あなたと会うのをすごく楽しみにしているんですよ!」など、自分では「ちょっと言いすぎかな?」と思うくらい、彼へ気持ちを伝えておくといいですよ。

付き合う喜びより手間の方が上回ると、男性は疲れを感じて離れていきます。

女性と付き合うのはどんな場合でも手間はかかるものですが、最初は「彼女と一緒にいたら、ラクで楽しそうだ」と思ってもらうことからスタートしましょう。

そのほうが結果的に手間もかけてもらえますから!

【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ file404 / shutterstock