6日、英デイリーミラーは、英国の農村キドリントンに日本人観光客、中国人観光客が押し寄せ、住民を当惑させていると報じた。住民の庭にまで入り込む迷惑行為の裏には、ある“デマ”が関係しているという。

写真拡大

2016年7月6日、英デイリーミラーは、英国の農村キドリントンに日本人観光客、中国人観光客が押し寄せ、住民を当惑させていると報じた。超級蘋果網が伝えた。

【その他の写真】

静かで緑豊かなキドリントン。英国では珍しくもない普通の農村に大事件が起きている。なんとこの3週間で40組もの旅行ツアーが訪問したのだ。住民の庭にまで入り込み、果てには一緒の記念撮影、芝生の手入れ体験を頼み込んだり、と突然の事態に住民たちはおおわらわ。

「なぜ突然観光客が来るようになったのか」と住民は頭を悩ませているが、「ハリー・ポッターの撮影地」というデマが広がったのが原因との説も出ているのだとか。中国人観光客が押し寄せる英国だが、最大のお目当ては「ビッグベン」と「ハリー・ポッター」。映画に舞台になった農村を見てみたいと思うのも当然だろうか。(翻訳・編集/増田聡太郎)