「ピンクレモネード&シャルドネゼリースワークル」

写真拡大

タリーズコーヒージャパンは2016年7月15日から、夏限定のドリンクとフードをタリーズコーヒー全店で販売する。

「ピンクレモネード&シャルドネゼリースワークル」は、ピンクレモネードが上層、シャルドネ(白ブドウの一種)ゼリーが基層の2層になっている。レモネードのスッキリした甘酸っぱさを感じた後に、ゼリーのぷるぷるとした甘い食感が味わえる。同社の開発担当者によると、7、8種類のゼリーを試し、口当たりが最も滑らかなものを選んだという。"旅"をイメージしたプラカップも光る。価格はTall(トール)が580円、Grande(グランデ)が680円(いずれも税込)。

「&TEA ピーチティー&フランボワーズ」もまた、グレープフルーツ果汁とアイスティーの2層になっている。原材料に白桃果汁とフランボワーズ(フランス語でラズベリー)を使用。桃の風味にアールグレイ(かんきつ類のフレイバーがする紅茶)が加わり、フランボワーズのぷちぷちとした食感、そして酸味がアクセントだ。価格はTallが480円、Grandeが530円、Enorme(エノルメ)が580円。

同日発売の夏フードはドリンクによく合う

夏にピッタリのフード・スイーツも同日発売される。「スモークサーモンチーズサンド」(480円)は、薫香(くんこう)が際立つスモークサーモンに、チーズフィリングとフレッシュベジタブルをサンドした。アクセントにケッパーを添えている。

「デニッシュロール オレンジ」(280円)は、外はサクッとしていて中はしっとりした食感で、夏でも食べやすい味わいに仕上がっている。コーヒーはもちろん紅茶との相性も良い。「&TEA ピーチティー&フランボワーズ」とペアで注文するのがお勧め。

「パウンドケーキ キャラメルクランブル」(280円)は、タリーズコーヒー定番の「パウンドケーキ」の新商品だ。コク深いキャラメルの風味と、やや軽めの口当たりが特徴。上品な甘さのあるコーヒーと特に相性がよい。