江戸俳諧は「新世紀エヴァンゲリオン」や「ちびまる子ちゃん」まで届いている

写真拡大 (全3枚)

夏河を越すうれしさよ手に草履   蕪村

旅に出たい! 知らない川に裸足でじゃぶじゃぶ入りたい!

池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》(河出書房新社)第18回(第2期第6回)配本、第12巻『松尾芭蕉 与謝蕪村 小林一茶 とくとく歌仙』。
江戸俳諧の3大スターのベスト盤に、平成期の連句を加えたコンピレイション的な1冊。


この本は冒頭の『おくのほそ道』から順に読んでいくのもいいけれど、もうひとつお勧めのやりかたとして、本巻の最後に収録された『とくとく歌仙』(1991)から読み始めるというのはどうだろうか。

頭の柔らかさが問われるゲームの感想戦


『とくとく歌仙』は、小説家の丸谷才一と詩人の大岡信が、ゲストに小説家の井上ひさしと高橋治を迎えて巻いた連句の記録である。


連句とは、575に77を続け、その77にまた575をつけて、連想ゲーム式というか、作中の季節を徐々に動かしながら絵巻物式に575と77を交互に並べていくゲームである。
通常、3人以上でやることが多い。集団創作だ。
メンバーの1人が発句(575)を披露する。発句だけは前もって準備できる。これは独立して鑑賞すると「俳句」となる。これに「脇」(77)を別の人がつけ、つぎの人がその「脇」に「第三」(575)を……という具合に進む。

そのなかでも「歌仙」は、36句で完結するという比較的コンパクトなスケールで、何句目にはこの内容の句を作らなければならない、などといったルールが厳しく、きわめてゲーム性が高い。
『とくとく歌仙』から本巻に収録された丸谷と大岡の対談「歌仙早わかり」は、このゲームのルールや楽しみかた、難しさを、わかりやすく解説してくれている。

もうひとつ『とくとく歌仙』からは、高橋治をゲストに迎えた歌仙の感想戦「加賀暖簾の卷」が収録されている。
連句は直前の句から連想を飛躍させて君を作るけれど、直前の句はさらにその前の句から連想して作られているから、うっかりすると、雰囲気や内容や使う言葉が2つ前の句とかぶってしまいそうになる。
前の前の句がそっち系統の語を使っているから、そっち方面ではもう作ることができない、というわけ。

頭の柔らかさが問われるゲームならではの難しさ、楽しさを、3人のプレーヤーたち自身が語っている。囲碁とか将棋の感想戦のようなもので、プレーヤーたちの頭脳のなかでどのような戦いがおこなわれていたのかがよくわかる。

俳諧のインターテクスチュアリティ


抄録された『とくとく歌仙』を読んだあとで、こんどは芭蕉と門人たちが巻いた連句と、松浦寿輝によるその評釈を読んでみよう。
連句集『冬の日』(1684)から「「狂句こがらしの」の巻」(feat.荷兮・野水・重五・杜国・正平)、『猿蓑』(1691)から「「鳶の羽も」の巻」(feat.去来・凡兆・史邦)という、ふたつの歴史的歌仙セッションが収録されている。


なんとなく遠く感じていた古典が、「自分と友人たちとのカラオケ」ほど身近にはならないにしても、マイルス・デイヴィスのブルーノート時代のセッション」くらいには、ライヴ感を伴ってよみがえってきた。
そうなったら今度は、本書に収録された江戸俳諧の3人のスターそれぞれの、ベスト発句集を読んでみる。

松浦寿輝選・釈の芭蕉百句にせよ、辻原登が蕪村の句を選・釈した「夜半亭饗宴〔シムポシオン〕」にせよ、読んでいて思うのは、場所や蕪村が先人の