9日、中華圏で人気沸騰した韓国の俳優ソン・ジュンギがいよいよ本格的に中国進出し、女優ジェン・シュアンとドラマ主演すると報じられた。写真はソン・ジュンギ。

写真拡大

2016年7月9日、中華圏で人気沸騰した韓国の俳優ソン・ジュンギがいよいよ本格的に中国進出し、女優ジェン・シュアン(鄭爽)とドラマ主演すると報じられた。騰訊が伝えた。

【その他の写真】

ドラマ「太陽の末裔(まつえい)」のヒットにより、今年に入ってから中華圏で大ブレークしたソン・ジュンギ。5〜6月にかけて中国や香港、台湾を回るファンミーティングツアーも成功させている。この勢いで中国に本格進出し、中国ドラマ「親愛的、愛情的香気」に主演するとこのほど報じられた。

「親愛的、愛情的香気」は、「太陽の末裔」のスタッフが集結し、ドラマ「僕にはとても愛らしい彼女」「女の香り」のパク・ヒョンギ監督がメガホンを取る作品。ソン・ジュンギの相手役はアイドル女優のジェン・シュアンと報じられている。なお、ジェン・シュアンは今年のドラマ「翡翠恋人」で、韓国の俳優イ・ジョンソクとも共演している。

出演作の韓国映画「軍艦島」が先月クランクインしたばかりのソン・ジュンギだが、今回の報道について所属事務所では、「『軍艦島』以降のスケジュールは何も決まっていない」と否定。しかし、中国からたくさんのオファーが届いていることを明かし、その中に「親愛的、愛情的香気」からのオファーがあるかを再確認してみると回答している。(翻訳・編集/Mathilda)