思考はオフ、今の気分を大切に 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

写真拡大

「今」の「気(息)」分を優先されるのは、マインドにとっては大変困ること。だから、大騒ぎしたマインドはいろいろな妄想をし、不安を生み出し、そこから遠ざけようとします。マインドが暴走しがちだと、本来自分にとって必要なこと、自分を満たすことであるAという事柄ではなく、なんとなく正しそうなBという事柄を選ぶということが起きてきます。
でも、本来の自分はAを望んでいるわけですから、Bを選んでもなにか不具合がおきてきます。まずは感情面に現れます。イライラしたり悲しくなったり。そこでちゃんと自分に向き合って気づければいいのですが、マインドはそれを押し込めるのも上手。成長のためには、こういう経験も必要だとか、みんながんばってるんだから、前向きに考えないと、とかなんとかいって。そうすると本来の自分は、次は、もう少し大きなシグナルを出し始めます。怪我とか病気とかBをやめざるを得ない状況を作り出すわけです。
マインドに乗っ取られた状態だといろいろ面倒なことも起きてくるんですが、マインドにとっては、そんなことはどうでもいいわけです。だって「正しさ」が大事であって自分が幸せかどうかは関係ないのですから。
では、マインドを暴走させないためにはどうすればいいのか。それは、今この瞬間に自分を置くこと、つまりマインドフルである、ということです。今の自分に起きていることに気づくためには、一旦停止し、スピードを落とすことが必要です。

逆説的にも私たちがゆっくりすることしか、より遠くへ行ける方法はないのです。やることを減らし、買うことを減らし、生産することを減らすことによって、私たちは多くを得ることができるのです。より多くのことが祝福でき、より多くを楽しむことができるようになるのです。時間というものは、物事を完璧にさせてくれるものです。何事も時間をかけて行うこと、そしてまた、何もしないでそこにただいるだけの時間も自分に与えてください。
『宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』サティシュ・クマール/徳間書店より引用

スローダウンして本来の自分に還ることで、本来の自分といういのちを輝かせ、有効に使うことができるのだろうとおもいます。それはつまり、自分への祝福なのだとおもうのです。
今日の1枚:
近所の海から見た夕焼けです。今日は夕陽がきれいそう、そんなふうに思って海までぶらぶら散歩に行きました。生産的なことはなにもないんですが、満たされた気分で一日の締めくくりができたことはたしかです。
>>前編に戻る

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧
自然を愛でることは自分を愛でること 前編・後編
今この瞬間の身体を感じる練習 前編・後編
3つの質を知る。自分本来の生き方へのコンパス 前編・後編
人生の豊かさに気づく梅雨の大掃除 前編・後編
心に振り回されない。本当の自分を知るために 前編・後編

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。