ダラス警察の「爆弾ロボット」が銃撃犯を爆殺するまで

写真拡大

テキサス州ダラスで起きた警官銃撃事件で、警察は爆弾ロボットを出動させ、犯人の1人を爆死させた。ダラス警察では2015年6月、警察に逆恨みした男が武装したSUVで警察署を襲撃した際にも爆弾ロボットを使用している。

「ダラス警察の「爆弾ロボット」が銃撃犯を爆殺するまで」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国ルイジアナ州やミネソタ州で黒人男性が警官に相次いで射殺された事件(日本語版記事)を受けて、7月7日(米国時間)には全米各地で抗議活動が行われた。そして、テキサス州ダラス市では、抗議活動を警備していた5人の警官が射殺され、さらに複数の警官と2人の民間人が負傷するという襲撃事件が発生した。

ダラス警察は7月8日早朝、立てこもった犯人に対して、「爆弾ロボット」を出動させた。ロボットの爆弾で、犯人が爆死した。

これは、米国の警察史上前例のない出来事のように思われた。しかし、「カリフォルニア州戦術部隊員協会(California Association of Tactical Officers)」のシド・ヒール会長は、『ARS TECHNICA』US版の取材に対して、「米国内では前例がないことだが、想定されていなかったわけでもない」と語った。同会長は、海兵隊勤務のあと、ロサンゼルス郡保安局で地域管轄本部長を務めた人物だ。

爆弾ロボットとは、米軍がイラクなどで使う爆弾処理ロボットに爆弾を装備したものだ。VICEのオンラインマガジン『MOTHERBOARD』は2015年4月、米軍が爆弾処理ロボットに爆弾を装備して武器として使用する実験の様子を示す動画を制作している(文末に掲載)。

バード大学ドローン研究センターによると、米国防総省はこれまでに、200以上の爆弾処理ロボットを警察に渡しているという。米軍の余剰装備品を、米国内の法執行機関に配送することを認めたプログラム「1033 Program」に基づくものだ。

ダラス市警察も、2016年5月に新しい爆弾処理ロボットを複数台入手していることを、ウェブサイトで公表していた

ダラス市警察では2015年6月、警察を逆恨みした男が武装したSUVで警察署を襲撃した際にもロボットを使用している(犯人を射殺したあとロボットカメラで死亡を確認。その後、車内にパイプ爆弾があったのでSUVごとロボットで爆破した)。

今回使われたロボットの製品名は現在不明だが、ジャーナリストのアッシャー・ウォルフが入手したダラス市の記録(2015年10月付け)には、ダラス市警察が、ノースロップ・グラマン製の遠隔操作型爆弾処理ロボット「Mark VI」「Andros V-A1」「HD-2」を保有していると書かれている。

ダラス市警察のデヴィッド・ブラウン署長は、8日の記者会見で次のように語った

われわれは容疑者のひとりを追い詰め、数時間に渡って交渉を試みた。だが、交渉は決裂し、容疑者との銃撃戦となったため、ロボットの延長装置に爆弾を取り付け、容疑者がいるところでそれを爆発させる以外に選択肢はないと判断した。

こうしたロボットは決して安いものではない。カリフォルニア州戦術部隊員協会のヒール会長によると、最低でも1体およそ8万ドルはするという。「わたしであれば、部下が危険にさらされるよりは8万ドルを使う」と同会長は述べた。

INFORMATION

米国の10代は、自国で起きている理不尽に、どのように声を上げたのか

当時16歳だったアマンドラ・ステンバーグがSNS上に公開した動画が、全米で大きなヴァイラルを生んだ。「黒人のカルチャーがこれほど愛されているこの国で、黒人はなぜこんなにも差別されているのだろう?」。アメリカに住む10代の黒人の少女がいかに自国に根深く残る人種差別に向き合い、友人たちに向き合い、自分自身に向き合っているのか。率直な声を収録したインタヴュー。インタヴュアーは、ビヨンセの妹・ソランジュが務めた。