左「青山繁晴の道すがらエッセイ」より/右・中川まさはる(なかがわまさはる)公式サイトより

写真拡大

 本サイトが参院選投開票日にお届けする極右候補者リスト、通称「ウヨシュラン」。この記事では☆2つと☆1つの候補者を紹介していく。☆ふたつに関しては北から地域別にリストアップした(比例代表は最後)ので、ぜひ、まだ投票を済ませてない人、誰に一票を投じるべきか悩んでいる人は、リストにある候補者の名前だけでもチェックしてほしい。なお、とりわけヤバい☆3つ候補者については同時配信の別記事でじっくり書いているので、そちらもあわせてご覧いただきたい。

 それでははりきって、まずは☆2つの極右候補者を紹介していこう。

..............................

■北海道・東北ブロック

☆☆ 長谷川岳(自民党/北海道)
 第三次安倍内閣で総務大臣政務官。日本会議国会議員懇談会(以下、日本会議議連)所属。靖国参拝に熱心で、秘書がブログで「長谷川参議、実は国会議員の中で一番訪れているのではないでしょうか? 朝のランニングコースに入っているそうです・・」と綴るほど。

☆☆ 柿木克弘(自民党/北海道)
 新人だが、自民党道連副会長などを歴任。日本会議地方議連に所属。首相の靖国参拝や「道徳教育の充実」に賛成。なお、新党大地の鈴木宗男が全面的にバックアップし、自民党本部も同じ選挙区の長谷川氏よりもこちらを積極的に支援。原発政策などの考え方がより安倍首相に近いタカ派だからか。

☆☆ 山崎力(自民党/青森)
 読売新聞記者出身の元参院予算委員長。日本会議議連、神道政治連盟国会議員懇談会(以下、神道議連)所属。2013年、沖縄・普天間移設を巡って稲嶺進名護市長(当時)と論争になった際、山崎氏は「震災がれきの受け入れで、焼却場の前にバリケードをはるような国民性だ」などと述べた。"地元の反対があっても政府の言うことなんだから聞け"という辺野古移設の強要、国民軽視である。

☆☆ 熊谷大(自民党/宮城)
 神道議連。稲田朋美政調会長が会長を務める「伝統と創造の会」所属。「伝統と創造の会」は終戦記念日に靖国参拝したり、保守系学者を呼んで勉強会などを行う若手極右政策集団。熊谷氏は公式サイトで「最優先で取り組みたい」こととして「教育」をあげて、〈震災によって子どもたちは深い傷を心に負ってしまったことは事実です。しかしその一方で、自分たちこそが頑張らなければという強い郷土愛に満ちあふれた若者たちがたくさん出てきています〉とする。被災地宮城で、3.11を"愛国心の強制"につなげようという意図が透けて見える。

☆☆ 岩城光英(自民/福島) 
 第三次安倍内閣の法務大臣。神道議連所属。今年4月の靖国参拝時には「国務大臣」の肩書きで記帳。ちなみに、参院選前の朝日新聞社によるアンケートでは「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問いに対し、「どちらかと言えば賛成」と答えている。さすがは安倍政権の法相といったところ。


■関東ブロック

☆☆ 上野通子(自民党/栃木)
 元文科政務官。日本会議議連、神道議連所属。2012年、米ニュージャージー州地元紙「スターレッジャー」に掲載された、戦中日本軍の慰安婦強制連行を否定する意見広告に賛同。なお、上野氏はかつてイギリスで3年間日本語講師を務めていたというが、サッチャーの教育改革を引き合いに、日本の戦争教育をこう批判している。〈日本に帰ってくると、日本軍が何人虐殺したなど、そんなことまで教科書に書いてある。教育現場では、先生が「どう教えたらいいのか」と困っている。そんなことまで教える必要はないと思う〉(「ZAKZAK」14年5月7日付)。侵略戦争の加害事実を抹殺しようとする教育観、これぞ歴史修正主義である。

☆☆ 中曽根弘文(自民党/群馬)
 中曽根康弘元首相の息子。日本会議議連、神道議連所属。第二次安倍政権で、慰安婦問題などを検証する「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」委員長に就任したが、まずは中曽根元首相が戦中、海軍主計士官(将校)時代に自ら慰安所の設置に積極的に関わり、慰安婦の調達までしていたと証言していることを、国民にしっかりと説明すべきだろう。詳しくは本サイトの記事(http://lite-ra.com/2015/07/post-1323.html)をご覧いただきたい。

☆☆ 中川雅治(自民党/東京)
 第二次安倍政権で参議院議院運営委員長に就任。日本会議、神道議連所属。14年、統一教会主催のイベントに萩生田光一首相補佐官とともに来賓挨拶をしたと報じられた(「週刊朝日」14年12月5日号/朝日新聞出版)。また、中川氏はかつて自身のサイトで義家弘介文科副大臣、橋本聖子参院議員との対談記事を掲載していたのだが、そのなかでいじめ問題について、このように得意げに語っていた。〈私の中学時代は男子校でしたが、クラスの悪ガキを中心に皆いつもふざけていて、ちょっと小さくて可愛い同級生を全部脱がして、着ていた服を教室の窓から投げるようなことをよくやっていました。(略)同級生を脱がして、皆でお腹やおちんちんに赤いマジックで落書きしたりしました。やられた方は怒っていましたが、回りはこれをいじめだと思っていませんでしたね〉(現在は削除)。こんな陰惨な"いじめエピソード"を披露しておきながら、中川氏は「いじめられている方も弱くなっているという側面はありませんか」などと続けているのだから神経を疑う。

☆☆ 朝日健太郎(自民/東京)
 元バレーボール選手で五輪にも出場経験のある朝日氏だが、彼が自民党から出馬したのは別に意外ではない。朝日新聞のアンケートでは、「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」という問いに対し、「どちらかと言えば賛成」と回答するタカ派。どうにも、スポーツエリートのなかには、海外の選手としのぎを削っている過程で変にウヨク思想に傾倒するケースが後を絶たない。そんな朝日氏が2010年、「Number」(文藝春秋)9月16日号でのアスリートたちがオススメの本を紹介するという企画であげたのが、小林よしのりの『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』(小学館)。なるほど、と妙に頷かずにはいられない。

☆☆ 猪口邦子(自民党/千葉)
 あまりウヨク的なイメージのなかった猪口氏だが、昨年、海外在住の学者に勝手にトンデモ歴史修正本を送りつけていたことが発覚。詳しくは本サイトの過去記事(http://lite-ra.com/2015/10/post-1628.html)をお読みいただきたい。


■中部ブロック

☆☆ 高野剛(自民党/山梨)
 全国的には無名の元県議長。新人の候補だが、参院選の後援会長には、税理士で日本会議県本部会長が就任している。実は高野氏、県議時代から日本会議地方議員議連に所属していたウヨク地方議員だったことが、日本会議の機関誌「日本の息吹」で確認できる。

☆☆ 山崎正昭(自民党/福井)
 参議院議長。日本会議、神道議連所属。昨年の安保国会では、参院での強行採決に反対するため、喪服を着用した生活の党と山本太郎となかまたち・山本太郎議員を議長室に呼び、「次は容赦しない。議員バッジを外すことになるかもしれない」と、議員除名をちらつかせる恫喝を行った。山崎氏は「神聖な本会議場の品位を汚す行為だ」などと述べているが、しかし、国民の理解がまったくないまま議論を一方的に打ち切り、議場では"人間かまくら"までしかけて強引に安保法を可決した与党こそ「品位」を汚している。少なくとも、議会では「神聖」よりも民主主義が優先されるべきなのは間違いない。

☆☆ 若林健太(自民党/長野)
 第二次安倍内閣で外務大臣政務官に就任。神道議連、日本会議議連所属で、地元・日本会議長野の顧問もこなす若林氏。〈東京に単身赴任している時、ほぼ毎朝ジョギングをして、靖国神社に行っている〉という(ブログより)。他方、同じくブログで、靖国にA級戦犯が合祀されていることは「問題であると思っている」などとも述べている。ならば参拝するなよ、という話。そんな若林氏だが、今回の参院選の街頭演説でも、他の自民党議員と同じく、改憲に一言も触れない。しかもテレビ朝日の取材に対してこう嘯く始末。「(憲法改正は)争点ではないし、興味もないので」。あの、あなた、自民党改憲草案の起草委員なんですけど......。こういう唖然とするウソを平気でつくところが自民党極右議員の恐ろしいところだ。

☆☆ 渡辺猛之(自民党/岐阜)
 日本会議、神道議連所属の元岐阜県議会議員。自民下野時の2010年、日本会議岐阜県本部主催の建国記念の日奉祝式典に出席しているのだが、その式典では「永住外国人の地方参政権付与への反対」と「夫婦別姓制度導入への反対」が決議された。これについて、渡辺氏はブログでこう述べている。〈これら二つの問題は、場合によっては日本の安全保障や国の伝統文化など、国家の在り方の根幹に関わる問題を含んでおり、過半数を獲得した勢いで軽々に数の論理で採決するようなことが断じてあってはならないと思います〉。はて、日本の安全保障と憲法9条を根本から変えた安保法を「数の論理」で強行採決したのはどこの政権与党だったか。聞いてみたくなるではないか。

☆☆ 岩井茂樹(自民党/静岡)
 第二次安倍改造内閣で経産大臣政務官に就任。神道議連所属。公式サイトにでは〈私の考える政治における『保守』とは、代々受け継がれる家業を絶やさず守り続けている伝統ある"老舗(しにせ)"のようなものだと捉えています〉というが、一方で、稲田朋美議員のシンパらしい。2010年5月の稲田氏の講演会に参加したときには、ブログで「今日は最高の一日!?」と大感激。ちなみに稲田氏はその月の別の研修会での講演で「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います」と宣言していた。


■近畿、中国、四国ブロック

☆☆ 山本佐知子(自民党/三重)
 新人で無名だが、実は、安倍首相がゴリ押した「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録のための活動を担当していた人物。本サイトでは、この世界遺産登録の裏で、安倍首相が"幼なじみ"の関係にある都市経済評論家・加藤康子氏に「俺がやらせてあげる」などと言っていたことを報じた(http://lite-ra.com/2015/07/post-1250.html)。山本氏は、この加藤氏と関係があるとも言われているが、もしそうならば今回の出馬は安倍首相からの"ご褒美"かもしれない。チルドレンを増殖させ、国会を"私物化"する安倍自民党のやり口がよく分かるというものだ。

☆☆ ニ之湯智(自民党/京都)
 元総務副大臣。神道議連。14年3月の参院本会議で、二之湯氏が想定していた代表質問原案がコレ。「子供を産み、立派に育てることが国家に対する最大の貢献」「結婚しているのに子供を持つことが社会人としての義務だと考えない人たちが増えている」(「産経ニュース」14年3月13日付)。さすがに公明党の指摘を受けて事前に修正されたというが、この原案が示す差別主義、報国強制まるだしの思想が二之湯氏のホンネ、ということは間違いない。

☆☆ 末松信介(自民党/兵庫)
 日本会議、神道議連所属。ホームページで掲げるのは〈日本の歴史観・国家観を大切にし「世界の中の日本」のあるべき姿を明確にする政治〉で〈教育基本法を改正し、教師、子ども、親が信頼で結ばれ、公徳心と公共の精神、国を誇りに思う心が自然と身に付く教育の実現をめざす〉としている。典型的な安倍首相の教育改悪のトレースだが、こういう"量産型極右"が選挙区で優勢なのが日本の現状。

☆☆ 片山大介(おおさか維新の会/兵庫)
 元NHK記者で、おおさか維新の会共同代表・片山虎之助氏の息子。本人についての情報は多くはないが、その選挙運動を支援している三木圭恵前衆院議員は日本会議の女性部である「日本女性の会」で講演を行うなどバリバリの極右。片山大介氏がこういう極右人脈の背景を持っていることを有権者は認識すべきだろう。

☆☆ 磯崎仁彦(自民党/香川)
 元自民党副幹事長。日本会議、神道議連所属。親学推進議連にも。日本軍の慰安婦強制連行を否定する米紙意見広告に賛同。ホームページのトップには〈我愛する日本には、「守るべきもの」がある。「次世代に引き継ぐべきもの」がある。保守のこころで、国民の誇りと自信を取り戻します〉の文言だが、実際には元在特会幹部が関与する市民団体「なでしこアクション」の会合にも秘書を派遣するなど、極右ぶりを隠せていない。

☆☆ 山本順三(自民党/愛媛)
 第三次安倍改造内閣で国土交通副大臣。日本会議、神道議連所属。2001年、慰安婦問題などを扱ったNHKの番組に安倍氏らが圧力を加えて内容を改変した事件で政治的に関与。当時番組のチーフ・プロデューサーだった男性の東京高裁での証言内容を、06年3月の国会で「どう考え、どうけじめをつけるのか」と問題視する質問を行った。その後、元プロデューサーに異動人事がくだる。国会という場所を使った政治権力による露骨な圧力行為だった。


■九州、沖縄ブロック

☆☆ 松下新平(自民党/宮崎)
 総務副大臣。日本会議、神道議連所属。米紙「慰安婦」否定意見広告に賛同。さらにしんぶん赤旗によれば、08年、"南京大虐殺はなかった"と主張して戦争を美化する映画『南京の真実』の「製作委員会賛同者」リストに、石原慎太郎氏、西村眞悟氏らとともに名前が連ねられていたという。ちなみに、山谷えり子氏と片山さつき氏らとともに靖国神社を参拝している。

☆☆ 島尻安伊子(自民党/沖縄)

 沖縄・北方担当相。日本会議所属。普天間に関しては10年参院選で「沖縄県外移設」を公約に掲げて再選したが、13年には公約破棄し辺野古移設容認へ転じた。市民の新基地反対運動に対して「責任のない市民運動。私たちは政治として対峙する」と発言するなど沖縄差別が顕著。評論家の佐藤優氏は島尻氏を〈存在すること自体、日本の恥だ〉〈「アサヒ芸能」15年2月27日号〉、〈吐き気をもよおすような下品な政治屋だ〉(同3月6日号)と猛批判しているが、その通りだろう。


■比例ブロック

☆☆ 青山繁晴(自民党/比例)
 安倍首相から直接電話で出馬を口説かれたという青山氏。本サイトは先日の記事(http://lite-ra.com/2016/06/post-2377.html)で"国際派"のはずの青山氏が「(タックスヘイブンは)英語では『税金天国』」という間違った説明をしていたことを指摘した。すると、ネトウヨのみなさんは「また嘘吐きリテラか!」「リテラは相変わらずの馬鹿で嘘つき」と猛反発、"捏造記事"呼ばわりされたわけだが、しかし、青山氏の発言は誰でも放送を確認できる事実だ。ようするにネトウヨたちは青山氏に陶酔するあまり"妄想帝国の臣民"になってしまっているのだろう。その意味では、青山氏は極右評論家というよりも、もはやある種のカルトの域に達しているのかもしれない。

☆☆ 片山虎之助(おおさか維新/比例)
 御歳80歳のおおさか維新の会共同代表。熊本大地震に際し「大変タイミングのいい地震だ」と発言して大顰蹙を買ったことは記憶に新しい。そんな片山氏は今から20年ほど前から、国会質問で「歴史教科書にある従軍慰安婦という言葉を止めていただきたい」と政府に削除を求めていた歴史修正主義者である。そして繰り返すが、今回の参院選の結果で一番に注目すべきは、自民公明の与党に、おおさか維新、日本のこころを加えた「改憲4党」の総議席数だ。有権者はその一票が何を意味するか、よく考えなくてはならない。

☆☆ 三宅博(おおさか維新の会/比例)
 前回衆院選で次世代の党から出馬したが落選。極右市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の大阪支部代表。三宅氏は"「ヘイトスピーチ解消法」の悪用を許すな!"と訴えているが、「頑張れ日本!」と言えば「少数派を多数派と同じ扱いをすることが平等ですか」「LGBTが社会を乱している」などとLGBTへのヘイトデモを主催している団体。ようするに目的は"ヘイトスピーチの容認・推奨"だろう。騙されてはいけない。

☆☆ 矢野義昭(おおさか維新の会/比例)
 元陸上自衛官の軍事研究家。ホームページでも「安全保障のプロ」を自認し、「真剣に核武装の必要性について考えるべき」と宣言している。そんな矢野氏だが、この度の選挙運動ではなんと迷彩服を着て街頭演説を行った。「改革」の名のもと改憲を掲げるおおさか維新が、実のところ憲法を変えて何をしようとしているのか、この「安全保障のプロ」の姿を見れば推して知るべし、である。

........................

 ☆2つ極右候補者の紹介はここまで。なかなか見えてこない候補者の素顔を垣間見てくれたならば幸いだ。さて、続いて以下に☆1つ候補者の名前と選挙区をリストアップしておく。いずれも、日本会議国会議員懇談会、神道政治連盟国会議員懇談会の少なくともひとつに所属している人たちだ。まだ明らかになっていないだけで、このなかには潜在的に、あるいは将来の☆3つ極右候補者もきっといるはず。最後まで見落としがないか、ぜひチェックしてもらいたい。

☆岡田広(自民党/茨城)
☆水野賢一(民進党/千葉)
☆関口昌一(自民党/埼玉)
☆金子洋一(民進党/神奈川)
☆中原八一(自民党/新潟)
☆野上浩太郎(自民党/富山)
☆岡田直樹(自民党/石川)
☆藤川政人(自民党/愛知)
☆青木一彦(自民党/島根・鳥取)
☆宮沢洋一(自民党/広島)
☆中西祐介(自民党/徳島・高知)
☆福岡資麿(自民党/佐賀)
☆松村祥史(自民党/熊本)
☆野村哲郎(自民党/鹿児島)
☆阿達雅志(自民党/比例)
☆宇都隆史(自民党/比例)
☆水落敏栄(自民党/比例)

..............................

 なんどでも繰り返すが、今回の参院選の焦点は、改憲勢力が3分の2の議席を獲得するか否かだ。安倍政権はこの改憲という争点を意図的に隠す作戦にでつつ、マスメディアに圧力をかけて選挙報道自体が盛り上がらないように仕込んだ。その卑劣さだけでも、わたしたちの国の政権与党にふさわしいか、よく考えるべきだろう。

 もし、開票の結果、改憲勢力が3分の2を獲得したならば、早ければ本日のテレビ選挙特番で安倍首相は「国民の信は得た」と宣言するはずだ。わたしたちはのちに、「ああ、あの参院選が、この国の分水嶺だった」と振り返るだろう。そのとき、うつむいているのか、上を向いているのか。それを決めるのは、あなたが手にする投票用紙かもしれないのだ。そのことを、決して忘れないでほしい。
(編集部)