写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●選出されたアプリ全てに備わった4つのポイント
主張の如何に関わらず、政治、思想、差別等に関する記事を一切取り扱わないスタンスであるという、PCを持ち込んだ姿勢を見せておきながら、幾ら頂戴したのか存ぜぬが、政権与党の巨大なバナーを媒体のトップページに、記事の其処彼処にCM動画を貼付けるというダブルスタンダードを敷いた媒体なぞ、決して信用してはならない。そもそもニュースメディアを名乗っておきながら、現政権に阿諛追従し、権力機構の監視を怠ること自体あってはならないし、ましてやそれを放棄するなど報道機関として自死を選んだに等しく、著しく公平性を欠いた広告掲載基準を設定している時点で膺懲されてしかるべきである。PCを装うことで権力機構に阿る斯様な媒体は、実際のところはイデオロギー装置としての役割を果たすしかないのだ。

その一方で筆者は、「道徳的な作品とか不道徳な作品とかいうようなものは存在しない。作品は巧みに書かれているか、巧みに書かれていないかだ。それだけのことである。」というオスカー・ワイルドの謂いを強力に支持する(『ドリアン・グレイの画像』序文より 訳西村幸次 岩波書店) 。

***

米Appleの開発者カンファレンス「WWDC 2016」において、App Storeで販売されている優れたアプリを表彰する「Apple Design Award(ADA)」が発表された。前身の「Human Interface Design Excellence Awards」から数えて21年目となる同アワードでは、学生部門とあわせ、計12タイトルが栄誉に輝いた。

受賞式が行われたのは、基調講演と同じくサンフランシスコのBill Graham Civic Auditorium。今年はApp Storeの新たなマイルストーンであるということが告げられ、8年前のApp Storeの登場、その2年後のiPad発表によるアプリのユニバーサル化、年を追うごとにアプリも変化していったことが語られた。App Storeの開設当初はゲームや、写真を簡単にシェアできるシンプルなアプリが人気を博したが、その後は、アプリ上で制作してアウトプットまでできるツールや、さらに最近ではiOSデバイスとアプリを組み合わせることで、物事のやり方が大きく変容するようなものが増えている。また、iPad ProとApple Pencil、第四世代のApple TVが登場したことで、それらに最適化され、今までにない新たな体験を提供するアプリの出現も目立っている。

アワードは、デザイン性、ユーザビリティ、革新性、そして最新のテクノロジーを採用したアプリが選出の対象となる。これらの条件を満たしていないと選考の対象にはならないということだが、言い換えると、受賞したアプリは4つの項目全てにおいて秀でているということになる。

まずは学生部門からの発表。これには「Linum」「Dividr」の2本がピックアップされた。「Linum」はメキシコ在住のJoaquin Vilaくんが開発した、ノードを繋いでいくシンプルなパズルゲーム。洗練されたユーザーインターフェースに、CoreData、StoreKit、ReplayKit、GameCenterといったテクノロジーを採用した点が高く評価された。「Dividr」は、プログラマーのJosh Deichmanくん、デザイナーのPatrick Pistorくん、サウンドデザイナーのErik Lydickくんという3人組の手によるゲームアプリ。障害物を避けてボールを進めていくというものだが、その推進に3D Touchを利用している。全てをSwiftで書き上げたというところもポイントが高かったようだ。

続いて、以下の10本のアプリが表彰された(発表順、括弧内はデベロッパー名)。

・Frame.io - Video Review and Collaboration(Frame.io)
・Chameleon Run(Noodlecake Studios Inc.)
・Auxy Music Creation(Auxy)
・Streaks(Zervaas Enterprises)
・Lara Croft GO(Square Enix Inc.)
・Complete Anatomy(3D4Medical)
・INKS.(State of Play Games)
・Zova - Personal Trainer(ZOVA)
・Ulysses(The Soulmen GbR)
・djay Pro(algoriddim GmbH)

Frame.ioは、映像を利用して、チームが効率的に作業することができるプラットフォーム。Dynamic Typeや、3D Touchでのクイックアクション、Peek & Popに対応している。印象的なモーションエフェクトや完全にSwiftで仕上げたところなどを評価された。

Chameleon Runは、疾走系アクションゲーム。テンポの良いグラフィックス、美麗なビジュアルがApple TVとSiri Remoteの組み合わせにマッチする。高速なレスポンス、サウンドトラックも魅力的だ。8カ国語に対応している。

App Storeのレビューで4,000以上の5つ星を獲得したAuxy Music Creationは、音楽制作アプリ。音楽制作に集中できるよう、無駄なデザイン要素を省いていながら、直感的で分かりやすいユーザーインターフェースを備える。

Streaksは、オーストラリア発のタスク/スケジュール管理アプリ。新しい習慣づけの組み立てにピッタリなアプリで、Apple Watch向けの通知、コンプリケーション、ハプティクスの充実が受賞のキーとなった。

Lara Croft GOは、ターンベースのパズルアドベンチャーゲーム。描画エンジン「Metal」のポテンシャルを引き出し、美しいキャラクター、世界観を演出している。Game CenterとiCloudでの同期機能も高く買われた。

昨年のiPad Proデビュー時のデモでも紹介されたComplete Anatomyは、3Dの人体模型アプリ。ワールドクラスの教育アプリとして誉れ高い。2K/4Kの高解像度に対応している。今年の夏にはMac用に移植される模様である。

INKS.は、懐かしのピンボールをiOSアプリとして再現したもの。開発チームはiPad ProとApple Pencilを使ってコンセプトを練り上げていったとのこと。レトロなサウンドもゲームの「それらしさ」を演出するのに一役買っている。

フィットネスコンテンツであるZova - Personal Trainerは、Apple TVに最適化されている。高解像度のビデオストリーミングに、エクササイズを行うのに充分配慮されたユーザーインターフェースを特徴とする。Siri remoteやApple Watchとの相性の良さも評価のポイントとなったようだ。

Ulyssesは、ITジャーナリストの松村太郎も愛用しているシンプルなMarkdownエディター。非破壊型のテキストライティングおよび編集に最適化が図られている。Macで書いていた原稿をiPadに引き継ぐHandoff機能対応など、ユーザーが選択したデバイス上で一貫した動作をするようになっているところがノミネートの理由にもなっている。

2011年もADAを受賞しているdjay Proは、DJプレイをiOSデバイスとMacで楽しめるアプリ。アップルの最新テクノロジーの利用、マルチデバイスのサポート、そしてアクセシビリティの機能が受賞の決め手となった。

受賞したタイトルをざっと見ると、前述の4項目をおさえたものばかりだという感触だが、特に最新のテクノロジーを採用したアプリの躍進が目立つ。例えば、iOSアプリの多くは3D Touchに対応しているし、ゲーム系はMetalの実力を遺憾なく発揮したタイトルが受賞している。また、開発にSwiftを使用しているデベロッパーが高く評価されるという印象を受けた。

栄えあるADAに輝いたデベロッパーには、キューブ型のトロフィーが授与された。必ずしも英語圏のデベロッパーが有利というわけではなく、メキシコ、ドイツ、スウェーデンなどなど、国際色豊かなのも、このアワードの「らしさ」を物語っている。

●音楽制作アプリに注目が集まる
個人的には音楽制作もののアプリが2本受賞したのが気になったのだが、授賞式の後、幸運にもAuxy Music Creationを提供するデベロッパー、Auxyの設立者の一人であるFredrik Gandnell氏に話を聞く機会を得た。

Auxyはスウェーデンのデベロッパーだ。会社の規模は、実はそんなに大きくない、と言うよりとても小規模で、なんと運営に携わっているのはたったの3人。歴史も浅く、設立されてからわずか2年半とのことだ。提供しているアプリも、現在、Auxy Music Creationだけである。

Auxy Music CreationはAppleのLogic Pro XやMark of the UnicornのDigital Performerといった伝統的な時間が左から右に流れるタイムラインを採用したDAWと、AbletonのLiveのような時間が上から下へと流れるニュースクールなDAWの良いところを組み合わせたユーザーインターフェースが特徴としている。

Gandnell音楽を制作するのに、そもそもiPhoneやiPadを使う場面って、そんなに多くなかったと思うのですが、状況少し変わってきてますよね。その中で、昔からMacで制作してる人にも馴染みやすくっていうデザインにはなっていると思います。最近のツールの要素を盛り込むのは重要事項の一つでしたが、何より、初めて音楽を創ろうとしている人々が、何もないところからクリエーションできるようにということを心がけました。結果このようなデザインに落ち着いたのです。

ポップミュージックの世界ではABBAをはじめとして、最近では、プロデューサー/コンポーザーであるマックス・マーティンなど、著名なアーティストを数多く輩出しているのがスウェーデン。音楽産業の輸出額は米国と英国に次ぐ数字で、音楽輸出大国になっているのだ。

スウェーデンでは、音楽制作において少し変わった手法が取り入れられている。多くのソングライターは1曲を一人で作り上げるが、スウェーデンでは「作曲チーム」を編成して、ヴァース、ブリッジ、コーラスをそれぞれ違う人物が書き、それらの良いところを繋ぎ合わせて1曲に仕立てるというのだ。特にコーラス部分はフックになるメロディが絶対条件なので、何人ものコンポーザーに書かせて、一番キャッチーなものを採用していくらしい。このような文化的、業界的な背景は、もしかしたらアプリ開発にも反映されているのかもしれない。

Gandnellそうですね、グループ作業は多いですよ。ストックホルムで素晴らしいアーティストやプロデューサーと会うので、彼らから得られるフィードバックがもの凄く役に立っていますね。

分かりやすいツールを作ることで、大勢の人に使ってもらえるということを意識しているようにも感じられる。

Gandnell次世代の音楽家のために作ったツールで、もちろん、使いやすさの追求が根底にあります。音楽ってプログラミングと似ていて、創り方を知らない人が多いけれど、知っていればさまざまなことができるんですよ。五線譜があればそれが共通言語になりますよね、それが読み書きできれば、作曲の幅も広がると思います。Swiftでコーディングするのも考え方は同じではないでしょうか。そういったアイディアを、もっと広めていきたいと考えているのです。

筆者は以前、App Storeでのアプリ販売は、資本力の多寡に関係なく、皆に機会が平等に与えられている環境であると指摘した。Auxyの成功はまさにそれに当て嵌まる例だと言えよう。これもまた繰り返しになるが、あらゆる業界、業種、業態にスポットライトがあたり、会社の規模、有名無名を問わず、良質な製品・サービスを提供できれば、均等に好機に恵まれるのである。

もう一本の音楽制作アプリは、二度目のADA受賞と相成ったdjay Proだ。先ほど述べた通り、アップルの最新テクノロジーを利用し、マルチデバイスのサポート。70を越えるiPad Pro向けのショートカットや、クラウドでの同期、4つのオーディオデッキをソースにしたミキシングと2つの4Kビデオストリームに対応するなど、充実したDJツールに仕上がっている。それらに加えて、アクセシビリティの機能、特にVoiceOverにフル対応している点に注目が集まった。

授賞式の際に行われたデモでは、高校生の頃に視力を失ったというDJ、Ryan Dour氏がパフォーマンスを披露した。Dour氏はDJとして活躍しながら、アップルでアクセシビリティ関連の開発に携わっている。WWDC 2016基調講演のレポートでも軽く触れたが、アクセシビリティに関わるアップルの開発メンバーは、実際に聴覚や視覚など身体機能において障碍を抱える人たちだとのことである。djay Proの開発はドイツのデベロッパーであるalgoriddim GmbHが手掛けており、あくまで、サードパーティの提供に依るものだが、デモにわざわざアップル内部の開発者を送り込むくらい高く評価されているのである。言い換えると、アップルはアクセシビリティの機能向上に注力しており、そこにフォーカスして開発されたアプリを今回のように表彰するなど、プッシュする傾向にある。

●基調講演とADA授賞式で垣間見えたアップルの政治的展望
最後に、基調講演とADA授賞式を覗いてみての、アップルのある種の政治的展望について触れてみたい。先ほどのアクセシビリティ開発の話から続けると、まず一つ考えているのは社会包摂であろうなということだ。障碍者権利運動の流れを汲むこの動きは、具体的には先ほど指摘した通り、アクセシビリティに関わる開発メンバーに障碍のある人々を起用していることからも伺える。これはPCという面から正しいというだけでなく、実際に彼らでないと恐らく解決できない、あるいは理解できない問題を顕在化させるという点で実利もあるアクションであると評価できるだろう。

基調講演では、PCを持ち込むという局面での具体的な取り組みを垣間見ることができた。登壇した人々の性別、人種に着目して欲しい。ここ何度かのアップルのスペシャルイベントでは、女性の登壇者が増えた。これもPC的には正しい。が、急に増えたのは何故か? この件に関してはYoichi Yamashita氏が2014年にアップルが発表した社員構成データを元に、緻密な分析を行っているので参考にして頂きたいのだが、背景としては、まず、シリコンバレー企業の多くが人種的多様性に欠く採用活動を行っていたという問題があった。

批判に晒されないよう、各社ともに社員構成データを発表したり、アップルのようにイベントで女性の役員を登場させ、不平等なくやっていますよとアピールする必要があったことは言うまでもない。固より、何故偏った従業員構成になるのかということについても、先ほどの記事でYoichi Yamashita氏が言及しているが、要はそうしないと競争力が失われるからである。シモーヌ・ド・ボーヴォワールが女性は男性との関係性で定義され差異化されると指摘したように、WWDCの会場を見渡した際、女性が少ないのではないかと嘆き訴えることは間違いではないが、そうした事態を齎した歴史的条件とはいかなるものであるかを、まず、問わなければならない。そしてまた、そう問うことがシリコンバレー企業、ひいてはIT業界全体が纏うハビトゥスが如何なるものであるかといった研究を進めることにもなる。

ジェンダー関係から、人種の多様性の話題に移ろう。WWDC 2016の基調講演に登壇した顔触れはアフリカ系、ヒスパニック、アジア系と様々な人種で構成されていた。今年3月のスペシャルイベントあたりまでは、今回ほどではなかったというイメージがあるのだが如何だろう。とは言え、カリフォルニア州における人種構成で見た場合、比率はそれでいいのかという指摘もあるかもしれない。が、筆者は、真っ当に取り組んだ結果、こういうメンバーになったという印象を受けた。PCという観点ではなく、アファーマティブ・アクションという視点から考察してみよう。

PCが時に、表面的な取り繕いだけで、実質を伴わないと批判される以上に、アファーマティブ・アクションについては、より厳しい評価が下されることがある。筆者も正にその通りと思うことがあり、積極的に不公平を是正しようとした結果、それがあまりに恣意的だったり、特定のイデオロギーと結びつくことで、当初起こっていた問題とは異なる不平等を生み出す状況があり得るからだ。そうした時に必要なのは、適正な文脈でアファーマティブ・アクションを導入することなのである。例えば、米国の人種比率が、白人5割、アジア系2割、ヒスパニック2割、アフリカ系1割だったとして、この割合に当て嵌めて役員登用を構成するとしたら、組織はまともに機能するだろうか。無理矢理、その比率に当て嵌めることで、より有能な人材が外され、実際には起用に値しない人物が選出することが想定されないだろうか。俯瞰して見れば、アップルの人材起用法は、そうした正しくないアファーマティブ・アクションには基づいていないことが分かるはずだ。

さらに、アップルが本気で多様化を目指している証左として、基調講演で発表されたSwift Playgroundsを挙げておきたい。アップルは有能な人材が多様化するべく、学校教育の段階から介入、支援を行うという方策を採ったのだ(この件についてもYoichi Yamashita氏が前述の記事で指摘)。これによって、ここまで述べてきた社会包摂、ジェンダー差別の問題、人種差別の問題を一気に解決する道が開けるようになるのである。

マーケット自体の多様化ということを考えれば、これらの施策は至極、当然のことであるように思われる。世界中の誰もがアップル製品を使うという状況に即しているからだ。春先のiPhoneロック解除を巡る司法省との争いも、そうした多様なユーザーに向き合ってのことだと考えればすんなり理解できる(もはや米国内だけの問題ではない。プライバシー保護については機会があれば改めて考察を進めてみたい)。

となれば、極端な排外主義的思想を開陳する人物が大統領になってしまうような状況は好ましくないということになっていくのである。共和党の党大会への協賛を見送るのもまた当然の措置と言える。

今年のWWDCでは、こういったアップルの政治観、展望がより鮮明になったという点でも、歴史が動き始めてるという感触があった。筆者は、これまでスペックシートを繋ぎあわせただけの記事を掲載することが多かったことを反省するとともに、企業が抱いている思想の理解に努めることが肝要であると痛感した。単に製品の機能やサービスの概要を追うだけでは窺い知れないことも多く、これからの自分の執筆活動を、今一度、検証し直す必要に迫られている。ADAの表彰取材を通じて、そんなことを考えたのであった。

(稲葉雅己)