「わが子のスポーツ観戦」でドン引きされる父親の特徴3つ

写真拡大

部活動やクラブチームでスポーツをしているお子さんをお持ちの方もいると思います。

子どもが出ている試合を見に行くとき、皆さんはどんなことに注意しますか? 夢中になっているときは分かりませんが、観戦時のマナーが守れていなくて周りから白い目で見られていることもあるようです。

母親と父親でも応援の仕方に違いがあるといいますが、夫の応援に熱が入りすぎ、周りから浮いている姿を見てしまうと、一緒に観戦へ行くのをためらってしまいますね……。

そこで、今回はスポーツジャーナリストのマンティー・チダさんに、過去記事「“わが子のスポーツ観戦”でドン引きされる母親の特徴3つ」に続いて、今度は親の特徴についてお聞きしました。

 

■1:自分の子どものミスに怒鳴る

特に父親は、息子や娘がする行動を自分のことのようにとらえる傾向があるといいます。

子どもの頃の思い出が蘇ってきて、ついつい白熱してしまうこともあるようです。また、自分が叶えられなかった夢を無意識に子どもに託している場合があります。

そして、感情移入してしまうあまり、子どもが試合中にミスを重ねると怒鳴ってしまうことも……。自分では叱咤激励しているつもりでも、はた目から見ると“ただの怒鳴り声”にしか聞こえていないこともありますので、注意しましょう。

 

■2持っているメガホンで物を叩く

声援は子どもに届くことが重要と思う父親は多いようです。そのため、大きな声が出せるメガホンを持参してくる場合もあるそうです。しかし、そのメガホンが、場合によっては、八つ当たりの武器に変わってしまうこともあるのです。

子どもが活躍すると、メガホンを通じて大きな声を出して叱咤激励をするのですが、勢い余って、周りの物を叩いて音を出してしまうことも……。この音が、耳障りになり周りからヒンシュクを買うことになってしまうケースもあるそうです。メガホンは正しく使用して、子どもに勇気づけられるようにしたいですね。

 

■3ついにはお酒の力も

親にとって子どもの試合を見ることは、子ども以上ドキドキしますし、楽しいものです。お酒好きの父親にとっては、缶ビール片手に観戦したい気持ちも分かります。でも、やはり飲み過ぎは注意したほうがよさそうです。

缶ビール片手に大騒ぎする場面も見かけるといいます。お酒を飲み過ぎて、酔っ払いに変身し、最悪、周りの人々に絡んでしまうこともあるとか。お酒を飲まれる場合は、ほどほどにしたほうが賢明ですね。

 

以上、“子どものスポーツ観戦で周りから見苦しいと思われてしまう父親の特徴”についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

もし夫がそのような応援の仕方をしていたら、やはり一緒に応援に行くのをためらってしまいますよね。言葉だけではなかなか理解してもらうのは難しいものです。夫の態度を直したいと思ったら、ビデオに撮っておくなどして客観的に見せるのもいいかもしれませんね。

(ライター 高瀬真澄)

 

【取材協力】

※ マンティー・チダ・・・東京都在住のスポーツジャーナリスト。FMうらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」、インターネットラジオfmGIG「マンティーのバスケットボールチャンネル」メインパーソナリティー。実際に試合会場に出向き、試合の実況収録をする「マンティー実況」が好評。試合終了後のヘッドコーチ・選手のインタビューも余すことなくON AIR。マンティー・チダのホームページでスポーツ情報を随時更新。

 

【関連記事】

※ 公園で「ダメ親子認定」されちゃう!知らないと嫌われる3つのマナー

※ その汗ドン引き!スポーツジムで「密かに嫌われちゃう」ヤバい人の特徴3つ

※ 2位おでんの前でくしゃみ!コンビニで「イラッとする他の客の行動」1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ コーヒーも原因かも!? ネッチョリ不快な手の汗を解消する方法5つ

※ 3位見下してくる…「こいつとはママ友になりたくない!」1位2位は