お腹の冷え…だけじゃない「暑い夏に冷た〜い飲み物」がNGな理由3つ

写真拡大

暑〜い夏。やっぱり冷えたビールやジュースが飲みたくなりますよね。暑い中で飲むキンキンに冷えたビールの美味しさといったら、もうたまりません。

暑い日には、多くの人が冷たいものを飲んで涼しくなりたいと思うものですよね。

でも、冷たいものを飲むと一瞬涼しくなり汗がひくのですが、汗をかかないということは体内の熱をうまく発散できないことになり、結果的にまたすぐ暑くなってしまいます。

そればかりか、冷たい飲み物には体に悪影響なことが他にもいっぱいあるのです!

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『THE Health Site』などの記事を参考に、暑い夏に“冷た〜い飲み物を避けたほうがいい理由”3つをご紹介します。

 

■1:エネルギーが消化吸収に使われない

私たちの体内温度は通常37度前後に保たれています。

そこに冷たいものが入ってくると、体は体温を保つことにエネルギーを使ってしまい、本来使われるべき食べ物の消化吸収に使われなくなるため、体の中に栄養が十分行き渡らなくなってしまいます。

つまり、冷たいものよりも、体温に近い温かい飲みもののほうが胃腸の働きをよくして消化吸収を助けてくれるのです。

夏バテを防ぐためにも、冷たい飲みものはなるべく避けたほうが良いようです。

 

■2:胃や腸の粘膜の働きが弱まる

冷たいものを飲みすぎて腹痛や下痢になった経験のある方も、多いのではないでしょうか。

その原因は、冷たい飲み物や食べ物は胃や腸の粘膜の働きを弱めてしまい、食べ物の消化吸収がうまくできなくなるからです。

体の器官がまだ十分に発達していない子どもはその影響が大きいうえ、冷たいジュースやアイスクリームが大好きですから、特に注意が必要です。

 

■3:免疫機能を弱める

腸には免疫機能が備わっていると言われています。

その腸の温度が冷たいもので下がってしまうと、腸自体がうまく機能しなくなり、消化不良を起こすだけでなく免疫機能も弱めてしまうそうなんです。

腸の免疫機能が弱まると、風邪や他の感染病にもかかりやすくなり、だるさや倦怠感も出て疲れやすくなるので注意してください。

特に、日頃から体が冷えやすいと感じている人は、できるだけ冷たいものを避けるようにしたほうがいいですね。

 

以上、暑い夏に“冷た〜い飲み物を避けたほうがいい理由”をご紹介しましたが、いかがだったでしょか?

暑いときこそ温かい食べ物でたくさん汗をかくことで、体の中から涼しくなるのですね。そうすることで体の機能もしっかりと働き、結果的に調子も良くなり、夏を元気に楽しめるのではないでしょうか。

今年の夏は、かなり暑くなると言われていますので、ぜひ覚えておいて実践してくださいね「。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ なんとガン予防も!夏こそバジルを食べたほうがいい理由3つ

※ ゴクゴク冷たい飲み物…はNG!「体の冷え」が子どもの不調の原因と判明

※ えっ…ただの冷え性じゃない!? 夏でも「手足が冷たい人」の危険な症状とは

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

やっぱり!「カルシウム」だけでは子どもの身長は伸びないと判明

 

【姉妹サイト】

エッ…バナナも!? 働き女子の「便秘の原因」となる意外な食品5つ

※ ダレノガレ明美に中村アン、ローラ…人気モデルのダイエット方法まとめ

 

【参考】

※ What drinking cold water does to your body will shock you! - THE Health Site

※ 4 Hidden Ways Drinking Ice-Cold Water Is Bad For You - DailyHealthPost

 

【画像】

※ Nitr / PIXTA(ピクスタ)