小祝さくらは同級生勝みなみもなしえなかった快挙を達成することができるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニッポンハムレディスクラシック 2日目◇9日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース (6,362ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー『ニッポンハムレディス』2日目が終了。初日“65”のビッグスコアで7アンダー単独首位に立ったアマチュア・小祝さくら(飛鳥未来高校3年・18歳)が、2日目に1つスコアを落としたものの、トータル6アンダーで首位タイをキープし、最終日最終組でのラウンドとなった。
【関連】北の大地で快挙なるか?!2日目の模様をフォトギャラリーで振り返る
 アマチュアが首位で最終日最終組を迎えたケースは、1988年ツアー制度施行後は今回で8度目。2000年代に入ってからは、2005年『中京テレビ・ブリヂストンレディス』の諸見里しのぶ、2006年『大王製紙エリエールレディス』の藤本麻子が挑戦した以降は、しばらくなかったもの、2014年からは年1回以上のペースで実現している。
 2014年『サイバーエージェントレディス』では森田遥、堀琴音の2人が最終日最終組でプレーするも、最終的には一ノ瀬優希が逆転勝利を挙げ、森田が2位、堀が4位タイと優勝は叶わず。同年の『ほけんの窓口レディース』で柏原明日架、2015年の『樋口久子 Pontaレディス』で畑岡奈紗、そして記憶に新しい今季の『ニチレイレディス』で勝みなみがプロの壁に屈している。
 勝の2014年『KKTバンテリンレディス』での優勝時は最終日の一組前からの逆転。小祝が勝利を挙げれば現在ツアーで活躍する名だたる選手たちが成し得なかった快挙となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>