7日、トランプ政策が誕生すれば台湾海峡で戦争の可能性があると米専門家が指摘している。写真は台湾・金門島。1958年の金門砲戦戦史館。

写真拡大

2016年7月7日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「台湾海峡で戦争の可能性、トランプ政策の最大のリスクに」を掲載した。

【その他の写真】

米大統領選が過熱するなか、米共和党のトランプ候補と米民主党のクリントン候補の外交政策が世界各国の注目を集めている。トランプ候補はアジアの同盟国に防衛費の分担を求めており、受け入れられなければ駐留米軍を撤退すると主張。多くの外交専門家の懸念を招いている。

米ブルッキングス研究所のマイケル・オハンロン上級研究員は4日付米紙ウォールストリートジャーナルに寄稿し、トランプ候補の政策は台湾海峡での戦争勃発リスクを高めると警告した。在日米軍が撤退すれば中国に対する抑止力が失われ、中国に武力統一の選択肢を与えかねない。また米国の保護がなくなるとしれば、台湾は自主防衛のために核武装を摸索することも十分考えられる。

果たしてトランプ候補はどのような台湾政策を持っているのか。米デビッドソン学院のシェリー・リガー教授は中国語メディアの取材を受け、トランプ氏には台湾政策はないようだと話し、もし大統領に当選した場合、どのような台湾政策を実施するのか検討もつかないと嘆いた。(翻訳・編集/増田聡太郎)