7日、中国のポータルサイト・今日頭条が、ホンダストリートがいまだに公道を走っている様子を撮影した動画を紹介した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月7日、中国のポータルサイト・今日頭条が、ホンダストリートがいまだに公道を走っている様子を撮影した動画を紹介した。

この動画では、海外でホンダのストリート4WDがいまだに現役で公道を走っている様子が映っている。記事では「1978年のホンダ車」としているが、動画の中のホンダ・ストリートの4WDは1983年からの発売であり、エンジンは550CCであることから、1983年〜88年のモデルであると思われる。いずれにしても動画の中では30年ほど前の軽ワゴン車が、軽快に走行している。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「まさに神車だ」
「日本の技術は本当にすごいな」
「ワゴン車でしかも四駆とはすごいな!」

「エンジンの音がたまらなくいいね」
「今はこんな品質の車なんてないね」
「これは国産車に平手打ちをするようなもの」

「ずっと運転しないで保存していたんだろう」
「中国だったら何度廃車になっているか分からないな」
「中国ではどんなに状態のいい車でも既定の年数になったら廃車にしなければならない」

「ロシアの田舎では10〜20年前の日本車がたくさん走っている。日本車の品質は言うまでもない」
「車の質が高いというのもそうだが、オーナーが大事に使っているということも重要だと思う」
「ホンダ車は確かにいい。でも残念なことに日本車だから買うわけにはいかない」(翻訳・編集/山中)