「バカンス」を想定して手入れしている人も5割近い

写真拡大

米国では女性の8割以上がデリケートゾーンのヘアを処理していることが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の調査でわかった。全部脱毛して、ツルツルの人が6割以上に達するという。

米医師会誌「JAMA皮膚科学」(電子版)の2016年6月29日に発表された。

「衛生的だから」「日常的な手入れの1つ」

調査は人種、年齢、所得、学歴など米国の女性全体の傾向を反映させるために、米郵政公社が用いる郵便集配の住宅情報をもとに18〜65歳の女性をランダムに抽出。さらに調査内容の趣旨に同意し、回答のあった3316人のデータを調べた。

それによると、2778人(83.8%)がヘアの処理を行ない、まったく処理をしたことがない人は538人(16.2%)にとどまった。処理の場所は、恥骨上部のVゾーン(73.9%)と膣周囲のIゾーン(75.1%)が多く、全部処理した人が62.1%いた。処理した理由については、「衛生的だから」(59.0%)、「日常的な手入れの1つ」(45.5%)、「性器の魅力が増すから」(31.5%)、「パートナーが好むから」(21.1%)などが多かった。また、どんな場面を想定して処理するのかという質問には、「性行為」(55.6%)が最も多く、次いで「バカンス」(45.7%)、「医療機関の受診」(40.0%)が続いた。

パートナーと一緒にする人が多い

若い世代(18〜24歳)に比べ、55歳以上の世代では処理する人が少なく、また、高学歴の人と白人に処理する人の割合が高く、白人以外の人種では低かった。所得や結婚歴は関係がなかった。また、パートナーの影響が強く、パートナーが処理しなかったり、嫌ったりすると、自分も処理しない人が多かった。

研究チームのタミー・ローエン博士は「それぞれの人種の文化や美意識など、女性がヘアを処理する理由は多様です。(これだけ広まっているので)医療従事者が処理に伴う外傷のリスクなどをアドバイスする重要性は高まっています」とコメントしている。