日本時間7月9日、地球を飛び立ったロケットは無事に国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功した。日本人宇宙飛行士・大西卓哉らがISSで挑むのは、250を超える科学実験だ。

「大西卓哉ら3人の宇宙飛行士は、これから宇宙で何をするのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

これまでに人類は、45回ものミッションを繰り返し国際宇宙ステーション(ISS)へ飛び立ってきたが、ぼくらはいまだ、そのたびごとに感銘を受ける。

東部時間の7月6日21時36分、宇宙飛行士のケイト・ルービンス、大西卓哉、アナトリー・イヴァニシンはカザフスタンからの打ち上げ後、約2日間地球を回ってから8日の夜(米国時間)にISSのソユーズカプセルとドッキングすることになっている(日本時間9日15時すぎに無事ドッキングは成功した)。

ドッキングの操作は、かなり難しい。両方の宇宙船が地上に対して秒速5マイルを僅かに下回る速さで軌道上を回っている。その尋常でないスピードのなか、お互いを見つけてきっちり正確な方向に修正し、何も傷つけることなく完璧に合わせなければならないのだ。

宇宙飛行士達はそこまでの2日間、睡眠も取らない。軌道上にいる間、彼らは今後ISSのミッションで使われるかもしれない数々の宇宙船部品をテストする。新しいスラスターモーターであったり、あるいは船のナヴィゲーションをより簡単にしたり、宇宙でどこにいるかを知るために設計されたヴィデオだったり、あるいはコミュニケーションシステムであったりする。

ルービンス、イヴァニシン、そして大西たちは、9月までISSに滞在する現3人のクルーに加わり、彼ら自身は10月に地球に帰還することになる。宇宙でのその4カ月の間に、彼らは宇宙で初のDNA塩基配列決定を含む250以上の科学実験を実施する予定だ。歴史はこれからも、ISSでつくられるのだ。