アニメ「B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜」の第2話『BAD ENDも悪くない』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C) MAGES./Team B-PRO

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜」の第2話『BAD ENDも悪くない』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第2話では、「THRIVE」の金城がアイドルとして必要以上にこびる意味を見いだせない。そんな時「THRIVE」にアイドル雑誌の撮影の仕事が入り、ネコ耳を着けポーズを強要される/(C) MAGES./Team B-PRO

本作は、西川貴教・志倉千代丸が総合プロデュースを務めるBIGアイドルプロジェクトのアニメ作品。新人A&Rとして大手レコード会社に就職した澄空つばさとアイドルユニット「B-PROJECT」のメンバーとの恋愛サクセス・ストーリー。新人A&Rのつばさは、入社早々、3つのアイドルグループで構成される「B-PROJECT」の担当に命じられる。

【第2話『BAD ENDも悪くない』】

「THRIVE」新曲制作会議にて、金城は曲の軽いアレンジに納得がいかず不満を口にする。金城はアイドルとして必要以上にこびる意味を見いだせないでいた。そんな時、「THRIVE」にアイドル雑誌『キスアンドハグ』のグラビア撮影の仕事が入る。ネコ耳を着けたニャンニャンポーズを強要する編集長『ヨーコ鈴木』のオーダーに対し、阿修と愛染は割り切って対応するが、金城は我慢できず、現場から飛び出してしまう。

なお第2話は、TOKYO MXでは7月9日(土)深夜0時30より放送となっている。