アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の第2話『第二章 王者対覇者』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)2016 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

写真拡大

MBS/TBS系で放送中のアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」の第2話『第二章 王者対覇者』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第2話では、アルスラーンらがペシャワール城を救う。だが、トゥラーン軍には国王トクトミシュ率いる大部隊が合流し、ペシャワール城からトゥラーンの将軍ジムサが逃亡/(C)2016 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

本作は、'15年4月に放送された田中芳樹原作の歴史ファンタジー小説のアニメ第2期。異教徒の国・ルシタニアに国を奪われたパルス国の王太子・アルスラーンは、仲間と共に国を取り戻すため奮闘。先王の息子で、敵となった銀仮面の猛将・ヒルメスを何とか退けたアルスラーンだったが、新たな脅威がパルスの土地に迫る。

【第2話『第二章 王者対覇者』】

アルスラーンらは、ペシャワール城を窮地から救うが、トゥラーン軍には国王トクトミシュ率いる大部隊が合流。両軍が相対する中、ペシャワール城から逃亡したトゥラーンの将軍ジムサがトクトミシュにパルス軍の情報をもたらす。攻め時と見たトクトミシュは卑劣な手段を用意して、アルスラーンの前に現れる。

なお第2話は、MBS/TBS系全国28局ネットにて7月10日(日)昼5時より放送となっている。