【大人のたしなみ塾】〜ついついやってしまう箸のマナー違反〜

写真拡大

「これだから、ゆとりは……」と揶揄されてきたゆとり第一世代も、気がつけば今年29歳。立派なアラサーです。

今まで、なにか失敗しても「ゆとり世代だから」の一言で片付けられていたことも、30代になったらそうもいきません。平成元年生まれの筆者も今年27歳と、もうアラサー目前!いろいろと知らないことも多く、焦ることもたくさんあります。

そこで、アラサーのゆとり世代に向けた【大人のたしなみ塾】のコーナーを開始。大人の世界を覗いて、今から楽しい30代を迎える準備をしましょう!

前回は、日本料理の食べ方マナーについて紹介しましたが、今回のテーマは「箸のマナー」について。実は、箸には20種類以上のマナーが存在するんですよ。なかでも、意外とやってしまう箸のマナー違反を6つ紹介します。

Miso soup with pork and vegetables

■【拝み箸】

「いただきます」のときに、両手で箸を挟むようにして拝むこと。ついやってしまいそうなマナー違反ですね。まずは拝んで、「いただきます」を言ってから持ちましょう。

■【持ち箸】

箸を持ったまま、他の食器を持つこと。こちらも、ついやってしまいそう。マナー違反だったとは!

■【そら箸】

食べようとして食べ物を箸でとったけれども、食べずに元に戻すこと。

■【重ね箸】

一つのおかずばかり次々と続けて食べること。実は筆者は小さいころから、この食べ方を直すよう言われているのですが、大人になってもクセは直らず。これもれっきとした箸のマナー違反なんですね……。

■【かきこみ箸】

お茶碗を口にたてて、箸の中のものを書き込んで食べること。和食などはせわしく食べるのがマナー違反なんです。ゆっくり味わっていただきましょう。

■【探り箸】

汁ものなど、お箸をかき回して器の中身を探すこと。ただ、たとえばお味噌汁の場合、味噌が沈殿していることもありますよね。そのときは、1回だけ円を描くようにかき回すのはOKだそう。

たった6つでも、“ついやってしまっていた!”ことはなかったですか?これらは箸のマナーの中でも、ほんの一部。「箸に始まり、箸に終わる」ということわざがあるように、日本料理の作法は箸の使い方が一番大切なんです。

ふだん、何気なく使っている箸を見直してみては?