連日の豪雨に見舞われている湖北省。椅子の高さまで水が押し寄せてきていたなかでも大学2年生の周さんは、平然と椅子の上にしゃがんでテスト勉強を続けていた。

写真拡大

連日の豪雨に見舞われている湖北省。同省の武漢理工大学の学生寮も浸水し、椅子の高さまで水が押し寄せてきていた。そんななかでも同大学2年生の周さんは、平然と椅子の上にしゃがんでテスト勉強を続けていた。その姿に多くのネットユーザーから感嘆の声が上がっている。楚天都市報が報じた。

【その他の写真】

ルームメイトによると、豪雨の影響でその日は朝から学生寮の浸水が始まったという。周さんは朝早く起きると、服などの持ち物をベッドの上に移動した後で、当然のごとく「機械原理」という科目の復習を始め、翌日に控えた期末テスト勉強を始めた。始めのうちは周さんもこの浸水をそれほど深刻に考えていなかったようだが、雨は降り続け、浸水の度合いは深刻になるばかり。水が椅子の高さまで押し寄せてくると、周さんは今度は椅子の上にしゃがんで勉強を続けたという。周さんの勉強は机が水に浸かりそうになるまで続き、その後ようやく寮の二階に移動したという。

ルームメイトは「機械原理」という科目は難しく、周さんは卒業後海外に行きたいと思っているので、今回の試験はとても重要なのだという。そんな真面目な周さんは普段の成績も良いそうだ。(提供/人民網日本語版・編集KN)