日本人は冷淡であるという見方をする中国人がいるようだが、メディアの散文作文網はこのほど、日本人は決して冷淡ではなく、むしろ他人に対する関心の示し方が成熟していると論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人は冷淡であるという見方をする中国人がいるようだが、メディアの散文作文網はこのほど、日本人は決して冷淡ではなく、むしろ他人に対する関心の示し方が成熟していると論じる記事を掲載した。

 一部の中国人が日本人を冷淡とみなす理由として、記事は「知り合って間もない職場の同僚に、彼女や彼氏を紹介するようなことをしないこと」、「なぜまだ結婚しないのか」、「月給はいくらか」、「どんな車に乗っているか」などを訊ねたりしないことを挙げた。また、飲食を共にしたときに率先して友人の分を支払おうとせず、割り勘を行うことなどを挙げ、こうした振る舞いの日本人は「中国人からすれば冷淡に見える」と紹介した。

 しかし記事は「これらは冷淡さを意味しない」と指摘、「成熟した現代社会の日本人は、好き勝手に他人の生活に入りこんではいけないことを理解している。これが他人と自分を尊重するということである」と説明。また日本人は助けを求める人に対しては惜しみなく協力する民族だとも記事は説明している。

 日本人を冷淡だと感じる中国人の理由を分析すると、これらは裏を返せば中国式の関心の示し方であると言える。他人について積極的に知ろうとすること、また助けになろうとする態度を窺い知ることができる。中国式の関心の示し方は他人に対する過度の干渉という欠点があると記事は指摘しているが、実はすぐに仲良くなれるという良い面もある。

 こうした中国の規準で日本人の行動や習慣をはかろうとすると、表面的には冷淡であると感じてしまうのだろう。しかし記事は日本での生活経験から日本人の温かさを実感しているようで、例えば「体の不自由な方たちの福祉のために考え抜かれた施設には、感動のあまり泣きそうになった」とも述懐している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)