「舌は内臓の鏡」という言葉がある。身だしなみのために毎日鏡で顔を見ても、舌まで見る人は少ないはず。だが、舌は皮膚より薄い粘膜に覆われ、血管も多く、身体情報の宝庫なのだ。
 「舌は健康のバロメーターで、客観的な身体情報を示してくれます。例えば、エネルギーや栄養、体液の不足や流れ具合、あるいは免疫力の状態など、しっかり観察すれば様々なことが分かるのです」
 こう語るのは、東京薬科大学付属社会医療研究所教授で、長春中医薬大客員教授の猪越恭也氏だ。

 近年、西洋医学の現場でも導入され、注目度が高まっている中国伝統医学の中では、顔の観察を通して患者の健康状態を知ることが診察の基本になっている。その中でも重要視されているのが、舌を診る「舌診」。
 「舌は自分でもある程度は観察できますが、その際、食べ物や飲み物の色が着いていると正確な状態が分からないので、必ず歯磨きやうがいをすること。その上で、チェックをしましょう」(同)

 中国医学では、身体を一つのつながった有機体として捉えている。“人体は機械のように心臓や胃、腸、脳、肺、筋肉、骨などの部品を寄せ集めて作ったものではない”といった考え方だ。とりわけ舌については、表面の皮膚の新陳代謝が早く、血液の色がよく見えるので、体内の状態が的確に反映される。
 「舌を観察するようになると気が付くことですが、舌の状態は意外にも変化します。健康な状態でも、アルコールをたくさん飲めば舌は赤くなるし、身体が冷えたり冷たいものを飲み過ぎたりすると白っぽくなります」(医療関係者)

 では、我々が舌を観察する上で、チェックすべき重要なポイントは何か。専門医などの意見を交えて紹介しよう。

【色】
 健康な人の舌は、基本的にきれいなピンク色をしている。しかし、赤みが濃い場合は、身体に熱がこもっている状態。感染症などによる熱(実熱)では、舌の先端部分の赤みが特に濃くなり、衰弱などによる熱(虚熱)では赤みに加え、舌苔が少ないか、ほとんどなくなる。
 白っぽい場合は血液不足、つまり貧血の傾向にある。身体が冷えているときも血の巡りが悪くなるので同様だが、青みを帯びることもある。これは血液中の酸素が不足している状態だ。
 紫色は“血液ドロドロ”のシグナル。血液は老廃物で汚れていると粘度が上がり、血行不良を引き起して黒ずむため。よりはっきり出るのは舌裏の静脈で、血管が黒みを帯びて見える人は、慢性的な肩凝りや腰痛に悩まされていることが多い。悪化すると血管が詰まり、静脈瘤など深刻な病気につながりかねないので注意が必要だという。
 「血行をよくする食材の代表は青背魚で、アジ、イワシ、さばなど。玉ねぎや菜の花などの野菜、酢を使った料理も効果的です。適度な運動も必要で、散歩などを心掛けること」(専門医)