押し麦(左)と白米

写真拡大

戦後間もない頃、「貧乏人は麦飯を食え」と国会で言い放ち、国民の激怒を買った大蔵大臣(現在の財務大臣)がいた。のちに総理になった池田勇人氏だ。実は、若い頃に血膿が止まらない難病に苦しみ、奇跡的に生還した経験から、米食よりも麦飯の持つ健康パワーを知っていたといわれている。

それから約70年、池田氏が推奨しながら猛反発を受けた「大麦」が、改めてヘルシー食材として熱い視線を浴びている。

徳川家康の天下取りと日露戦争勝利の陰の主役

大麦は、健康オタクで74歳まで長生きした徳川家康が主食にし、天下取りの陰の力になった。明治の日露戦争では、脚気(かっけ)による死者に苦しんでいた海軍が、「海軍カレー」に大麦を入れて脚気の撲滅に成功、勝利に導いている。海軍に麦飯を採用したのは、「ビタミンの父」といわれ、東京慈恵会医科大学を創設した高木兼寛・海軍軍医総監だ。その伝統もあって、慈恵大学病院では現在も白米7割・大麦3割の麦ご飯を病院食として提供し、『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』という本まで出している。

2016年6月14日に放送された「たけしの健康エンターテイメント みんなの家庭医学」(ABC朝日放送)では、「名医が認めた医食同源」として「大麦」を特集した。番組の中で、東京医科大学病院の椎名一紀医師が大麦のすごさを次のように説明した。

(1)大麦には食物繊維が非常に多く含まれている。その量は白米の約20倍、玄米の約3倍、ゴボウの約1.6倍もある。しかも、大麦の場合、食物繊維が可食部分の胚乳に多いため、押し麦にするなど加工しても減らない。

(2)主な食物繊維の「大麦β(ベータ)グルカン」は水溶性のため、腸内でビフィズス菌のような善玉菌のエサになり、腸内細菌のバランスがよくなる。

(3)また、大麦βグルカンは腸に入ると、水に溶けてゲル状に変化、腸の中の胆汁酸を包み込んで便と一緒に体外に出してしまう。すると、足りなくなった胆汁酸を補うために肝臓が血中からコレステロールを取り入れ、胆汁酸を作り始める。このため、血液中の悪玉コレステロール(LDL)が減少する。

(4)大麦βグルカンは一緒に体内に入った糖質と混ざり合い、消化吸収を穏やかにして、食後の血糖値の急上昇を抑える。このため、糖尿病や動脈硬化を予防する効果がある。

ちなみに、麦茶や麦焼酎には加工段階で大麦βグルカンが損なわれてしまうため、いくら飲んでも健康効果は期待できないそうだ。

間食大好き女性が2週間「大麦三昧」を続けると...

番組では、お菓子などのつまみ食いが大好きで、悪玉コレステロール値が基準(140未満)より高い151.2の女性ユミさん(49歳)の協力を得て、2週間にわたり、『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』にあるメニューを食べ続けてもらう実験をした。そのメニューとは、たとえば次のようなものだ。

【大麦入りネバネバ小鉢】

(1)すりおろしたナガイモに大麦を加え、納豆とメカブを盛り付ける。

(2)さらにオクラを載せ、ウズラの卵をトッピング。

【大麦の豆乳スープ】

(1)鍋にニンジンとチンゲンサイの軸を煮て、ゆでた大麦を投入。

(2)さらに大豆の水煮と鶏がらスープを混ぜて味を調える。

(3)豆乳を入れ、さらにひと煮立ち。残りのチンゲンサイを加えて塩コショウで味を調える。

(4)火を止めて、仕上げに片栗粉でとろみをつける。

このほか、「麦ご飯の鮭茶漬け」「大麦チヂミ」「大麦入りワカメスープ」「大麦入り豚汁」「鮭と大麦のホイル焼き」......と3食全部大麦三昧の日々だ。その結果、2週間後にはユミさんの悪玉コレステロール値は基準を大きく下回る121に低下していた。

大麦の健康効果は欧米で評価が高く、米国では大麦食品に「血中コレステロールの低下による冠動脈疾患のリスク低減」という健康を強調する表示が、米国食品医薬品局(FDA)によって認められている。欧州食品安全機関(EFSA)も「排便の促進」(便秘解消)「食後血糖値の上昇抑制」「血中コレステロール低下による心臓疾患リスクが低減」の表示を認めている。

次の食事時まで作用する「セカンドミール効果」

ところで、どのくらいの量の大麦を食べると効果があるのだろうか。米ミネソタ大学の研究によると、大麦βグルカンを1日に3グラム摂取すると、悪玉コレステロールが低下する。この量を1日に摂取しようとすると、3割麦ご飯(7割が白米)だと約4杯分、4割麦ご飯だと約3杯分になる(5割麦ご飯だと2杯半弱)。麦ご飯ばかりだと飽きるので、朝などに大麦のシリアル食品を食べるのもオススメだ。

栄養の専門家のサイトを見ると、大麦の健康効果で面白いのは「セカンドミール効果」(セカンドは2番目、ミールは食事)があることだ。これは、次の食事まで大麦βグルカンの働きが続くということで、朝食に大麦を食べると、昼食の時にも血糖値の上昇抑制などの効果が発揮される。夜に大麦を食べると、翌朝にもその効果が表れるというわけだ。