フランクフルトが有望株シュテンデラと2020年まで契約延長

写真拡大

▽フランクフルトは7日、ドイツ人MFマルク・シュテンデラ(20)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2020年までとなる。

▽フランクフルト下部組織出身のシュテンデラは、当時十代の2012年にブンデスリーガデビュー。2015-16シーズンは、リーグ戦26試合出場で2ゴールを記録した。

▽しかし、国内で将来を嘱望されるシュテンデラはシーズン後半に右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷を負い、2016-17シーズン前半戦の全休が見込まれている。