「ジェットコースターは前と後ろの席、どっちが怖いの?」富士急ハイランドさんに聞いてみた! 7月9日はジェットコースターの日

写真拡大


本日7月9日は、ジェットコースターの日! 1955年のこの日に開園した後楽園遊園地に、日本初の本格的なジェットコースターが設置されたことが由縁です。

それなのに当サイト「Pouch」では、後楽園遊園地さんではなく富士急ハイランドさんに、ジェットコースターにまつわる疑問について質問してみました。

なんてったって、絶叫マシンといえば富士急、だからね!

【怖いのは前方? それとも後方?】

富士急ハイランドさんにうかがった質問、それは、「ジェットコースターは前方と後方どちらが怖いのか」というもの。

前方だと、まっさきに落ちるスリルを味わえる。だけど後方の、特にいちばん後ろに座った時に感じる「来るぞ、来るぞ……!」というドキドキ感も捨てがたいっ。

どうせジェットコースターに乗るのなら、より恐怖を感じる位置をチョイスしたいものよね……。ああ、私たちは一体、どちらを選んだらいいの〜!? 

気になる富士急ハイランド・広報の方の回答は……?

【「後方のほうがスリリング」なんだって!】

「 “どちらがより怖い” ということではないのですが、一般的には後ろの席のほうがよりスリリングなようです。山を上って下りるというコースターの構造上、前の席に引っ張られて加速が強くなる分、ふわっとする浮遊感が後ろの席になるほど強くなります」

ふむふむ! 言われてみればたしかに、後ろのほうが「ふわっ」とする感じが強いかも。そして落ちる瞬間に「グン!」と思いっきり引っ張られる感じもまた、たまらないわよね。

というわけで、乗客の誰よりもスリルを感じたいというあなたは、いちばん後ろの席を選ぶのがオススメ♪

【今すぐ遊園地へGO☆】

かくいう記者(私)も、ジェットコースターに乗る際はいつも、ドキドキ感を味わうべくより後ろの席を選ぶようにしておりました。次々落下する人を視界に入れつつ、興奮が最高潮に達してからまっさかさまに落ちてゆく快感は、代えがたいもの。

ラッキーなことに今日は土曜日! お時間のある方はさっそく、ジェットコースターを満喫しに、お近くの遊園地へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

参照元:今日は何の日〜毎日が記念日〜、富士急ハイランド
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む