警官に撃たれ死にゆく彼女の恋人の姿を、Facebookで300万人が見ていた:米ミネソタ州

写真拡大

7/7(米国時間)、黒人男性が警官に撃たれた直後からの一部始終を、そばにいた恋人がFacebookでライヴ中継した。この男性は、その後死亡が確認されている。

「警官に撃たれ死にゆく彼女の恋人の姿を、Facebookで300万人が見ていた:米ミネソタ州」の写真・リンク付きの記事はこちら

背筋が凍るようなその動画は、「何が起きているか見ていて」という嘆願の言葉から始まる。

ラヴィッシュ・レイノルズがそう嘆願したのは、ボーイフレンドのフィランド・キャスティルのためだった。キャスティルは、ミネソタ州ファイルコン・ハイツで7月7日(米国時間)、(バックライト不備で)職務質問を受けた後に警官から銃で撃たれて致命傷を負った(その後死亡)。

レイノルズの必死の願いによって、最終的には300万人近い人々が、悲劇の直後から始まったレイノルズの「Facebook Live」動画(下記にエンベッドした)を視聴した。

レイノルズの動画は、キャスティルが撃たれた直後から始まっている。キャスティルの血まみれのTシャツ姿、警官の怒鳴り声、それにレイノルズの4歳の娘が母親を慰めようとしている様子などが捉えられている。

レイノルズの動画には、なおもキャスティルに銃を向けながら、「手を伸ばすなと言っただろう! 手を上げろと言ったんだ!」と叫ぶ警官の様子が映っている。キャスティルは撃たれて意識が途切れ途切れになっている。

「だってあなたは、IDカードを渡せって彼に言いましたよね、運転免許証を出せって!」とレイノルズは警官に答えたあと、我に返ってこう言った。「ああ、彼が死んでしまうなんてことないわよね」。彼女は、最初は恋人は腕を撃たれただけだと思っていたのだが、途中でもっと重傷であることに気がついたのだ。

レイノルズが自動車から出ると、銃を構えて立っていた複数の警官がレイノルズに対し、そのまま歩いて地面にひざまずくよう命じた。「Facebookの皆さん、彼らは電話を放り投げた」。レイノルズは、視聴者に自分の声が聞こえていることを期待して話し続けた。

その後、彼女はむせび泣き始め、背後には警察のサイレンの音が聞こえていた。画面は真っ暗になり、それからレイノルズと娘がパトカーの後部にいる様子に変わった。レイノルズは手錠をかけられた手で、駆けつけた友人と家族に対し、射殺事件が起こったラーペントゥー・アヴェニューとフライ・ストリートの交差点に彼女を連れて行くようお願いしていた。

※ 当該Facebook Live動画は残酷な内容のためFacebookページから削除されたが、現在は、「過激な描写が含まれる動画」という注意書きとともに、再び閲覧可能になっている。以下エンベッドしたが、閲覧注意

警官に撃たれた場合、その犠牲者は警察に通報することもできなければ、上官を呼ぶこともできない。こうした状況では、警官が目撃者であり、襲撃者であり、最初の通報者だからだ。そしてこれまでなら、被害者が頼りにできるものはほとんどないのが現実だった。

だが、この現実に変化が起こっていることを示したのが、ミズーリ州ファーガソンで起こったマイケル・ブラウンの事件や、サウスカロライナ州チャールストンで起こったウォルター・スコットの事件だった(通行人が撮影していた動画が公開され、警察側の発表と食い違うことが指摘された)。

つい先日の7月5日、ルイジアナ州バトン・ルージュでアルトン・スターリングが射殺された事件もまさにそうだ(銃を持った男がいるという知らせを受けた警察は、同氏を地面に押さえつけながら至近距離から銃撃。その様子は動画で撮影されて公開された。動画を見ると、当時スターリングは銃を身に着けていなかったことがわかったという。なお、米国では、警官に射殺される者の数は2015年1月から5月の間に385人と報道されている)。

「Facebookで広まってほしいと思いました。そうすれば、みんなが見ることができるからです」と、レイノルズは事件の後に語っている。「誰が正しくて誰が間違っているのか、人々に決めてもらいたいと思いました。皆さんに証言者になってもらいたかったのです」

INFORMATION

ブラックパワーと公権力:ソーシャルメディアによる新たな闘争

機会平等・人権差別撤廃が謳われた公民権法成立から50年。アメリカではいまもなお、マイノリティたちの闘いが続いている。闘いのたびにメディアやテクノロジーを駆使してきたアクティヴィストたちはいま、ソーシャルメディアという新しい武器を手に入れた。「#blacklivesmatter」というハッシュタグを通じた組織なき闘いの意義、ヘイトや暴力に立ち向かうツールとしてのテクノロジーの価値を、いま改めて問う。