風の谷のナウシカ(C)1984 Studio Ghibli・H

写真拡大

企画展『ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで〜』が六本木ヒルズ展望台東京シティビューで2016年7月7日から開催される。9月11日まで。

スタジオジブリの設立(1985年)から30年間の歩みを体感できる展覧会。人気映画「風の谷のナウシカ」から最新作「レッドタートル」(9月17日公開)まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのか。当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む迫真的数の資料が所狭しと展示空間を圧倒する。

会場に隣接するカフェ&レストラン「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」のカフェエリア「THE SUN」では、展覧会の開催を記念し、映画「天空の城ラピュタ」に登場する「目玉焼きトースト」など、ジブリ作品をイメージした特別メニューが提供される。

ほかにも、東京シティビューならではの眺望と融合した空間、大博覧会限定のグッズや多くのジブリグッズなどを用意している。

営業時間は、10時〜22時(最終入場21:30)。会期中無休。

チケット料金は、一般が1800円、学生(高校生・大学生)が1200円、子供(4歳〜中学生)が600円、シニア(65歳以上)が1500円。