7日、香港紙・明報によると、愛知県警は6日、他人の「楽天スーパーポイント」を不正に使用して買い物をしたとして、東京都台東区に住む中国人女子留学生、姜遠東容疑者を詐欺容疑で逮捕したと発表した。資料写真。

写真拡大

2016年7月7日、香港紙・明報によると、愛知県警は6日、他人の「楽天スーパーポイント」を不正に使用して買い物をしたとして、東京都台東区に住む中国人女子留学生、姜遠東容疑者を詐欺容疑で逮捕したと発表した。姜容疑者は「5月中に約20店舗で100万ポイント(100万円分)ほど使った」と容疑を認めている。

調べによると、姜容疑者は5月ごろ、中国人向けサイトで「買い物代行」の募集を見つけて応募。送られてきた他人のアカウントを使い、ポイントで商品を購入。中国人の男に渡し、1点あたり150円の報酬を受け取っていた。

姜容疑者は警察の調べに対し、「ネットを通じて26歳の中国人の男と知り合った。指示を受けてコンビニなどで買い物をした」と話している。商品は日焼け止めスプレー、避妊具など中国で人気のあるものばかりだった。(翻訳・編集/大宮)