【不思議映像】アボカドのディップ「ワカモレ」を作ってる音はするのに…食べ物がまったく登場しないってどういうこと!?

写真拡大

YouTubeに投稿されていたのは、メキシコ料理のサルサの1種、アボカドのディップ「ワカモレ」を作る動画。

まずは包丁でアボカドを半分に切って……って手に持ってるそれ、手榴弾じゃない!? 

ドキドキする視聴者の気持ちをヨソに、料理する手は迷うことなく、手榴弾にナイフを入れてしまいます。

でも、あれれ? この音はたしかにアボカドを切る音、しかも手榴弾を切った断面は完全に、アボカドのそれ! まんまる大きな種もそのまんま! でもその種、ビリヤードの球だよぉ!

【頭が混乱してきたゾ!?】

実は本日ご紹介する動画『Fresh Guacamole by PES』は、音声は実際に「ワカモレ」を作っている過程を録音したもの。しかし一方で、映像には食べ物が一切登場しないという、大変ユニークな作品なのです。

食べ物が一切登場しないとは、果たしてどういうことか。では動画の続きを観てみることにいたしましょう。

【野球のボールや針山を包丁できざんでる!】

野球のボールの皮をむいたら、みじん切りに。先ほどの “手榴弾” アボカドと混ぜたら、お次は裁縫の道具・針刺しを細かくカット。小さくなったそれぞれのかけらは白と赤のサイコロと化して、アボカドの緑の中で、よく映えています。

【音だけ聞けば完全に「料理」】

……と、ここまで聞いて、「ワカモレ」のレシピをご存じのあなたならば、野球のボールは玉ねぎ、針刺しはトマトだとピンと来るはず。

その後は、おそらくライムなのであろう緑色のゴルフボールをカットして、しぼった汁を、材料を混ぜ合わせた器へ投入。

トウガラシであろう電球もきざんで加えて、塩コショウで味を調え混ぜたら、「ワカモレ」(!?)のできあがり。そうそう、クラッカー代わりにコインチップを添えることも、忘れないでね!

【つい、じーっと見入っちゃう】

目を閉じて、音のみに集中すれば、料理をしているようにしか思えない。でも目を開けたら、そこにあるのは料理じゃない。

摩訶不思議な感覚にとらわれるユニーク動画を、あなたもぜひ、体感してみて。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る