バイきんぐ・小峠英二(左)、西村瑞樹(右)

写真拡大

男性ファンの比率が高い客層でもわかる通り、バイきんぐ毎夏恒例の単独ライブはお笑い好きにとって垂涎だ。本年公演も全て完売の安定感さえ感じられる彼らだが、それもそのはず、今年で結成20周年。

バイきんぐ独占トーク動画!「相方にいちばん腹が立った瞬間は?」

せっかくなので、この20年に関するテーマトークスタイルの取材を敢行してみた。もちろん、間もなく公演される単独ライブ『ハート』の話もお届けする。

「正直、そんなにドキドキするわけでもなく……(笑)」

バイきんぐの前に、10枚の封筒を置いた。封筒の中には「20年でいちばん恥ずかしかったことは?」などのテーマが書かれた紙が入っている。彼らに封筒を引いてもらい、そこに書かれたテーマについて語ってもらおうという企画だ。

当然、「話せません」という返答はNG。ちょっと珍しいスタイルの取材なので、始める前に心境を聞いてみた。

小峠「正直、そんなにドキドキするわけでもなく……(笑)。でも、まぁ楽しみです」

西村「部屋に入った瞬間から、“この封筒はなんだろう?”と、ずっと気になってました」

50歩くらい距離を置いたような感想だが、さてどんなエピソードが飛び出すのか。最初に彼らが引いたテーマはこちら。

<この20年でいちばん腹が立った人は誰?>

小峠「ある台湾ロケに同行したディレクターさんが、“仕事とプライベート合わせて訪台20回目”という台湾好きな人でした。待ち合わせの羽田空港から、ものすごくテンションが高くて。

現地に到着し、さてロケを始めようとなった時に、ありえないことなんですけど……、その人は浮かれすぎてピンマイクを忘れてきたんです。

とりあえず地元のテレビ局から借りることになり、1時間待たされてバイク便が到着したんですが、1個しか届かなくて。その人からの指示は“小峠さん、つけてください。西村さん、声大きめでしゃべってください”。あのディレクターさんには腹が立ちましたね」

西村「あんなに声が出なくなったロケは、最初で最後です(笑)。僕は基本的にあまり腹が立つことがなくて……」

小峠「オマエ、えらくイジッてくるイベンターのオッサンにムカついてただろ」

西村「あ〜、あれね」

小峠「営業の仕事で、僕らが楽屋に入ったらそのオッサンも一緒に入ってきて、なかなか出て行かない。ずっと話しかけられるから適当な対応をしていたら、“テレビと全然違いますね!”と言われて。ことあるごとにこのセリフが飛び出して、7〜8回は言われたんじゃないかな」

西村「小峠にテレビの感じでツッコんでほしかったんでしょう、やたらボケてくるんだよね。帰り際、同じイベントの前日に出演したじゅんいち・ダビッドソンから電話かかってきて、“あのイベンターさん、変じゃない?”って(笑)。アイツも思っていたのかと」

小峠「“ケータリングのお菓子、持って帰ってくださいよ”と勧められたけど、断ったんです。そうしたらオッサン、西村のカバンに皿ごとアメやチョコを勝手に入れて。ありえないでしょ。最後に“今日はありがとうございました”と、とても丁寧なおじぎをされたんですけど、いやいやその程度じゃ回収しきれないぞと(笑)」

西村「僕ら、途中で完全に心のシャッターを下ろしましたもん(笑)」

この20年でいちばんピンチだった瞬間は?

小峠「スペインへロケに行ったんですけど、目的は身長2メートル超え・体重250キロのヒグマと組体操をすること。僕らがクマの上に乗るんだろうと思っていたのに、クマが乗るというまさかのパターン。

“飼われているクマだから人には手を出さない”という話でしたが、組体操なんてしたことないから興奮しちゃって、僕らの背中をバンバン叩くんです。それもサバみたいなでかい爪で。

とんでもないパワーだけに“これはヤバいぞ”と思ったんですけど、ディレクターさんから“もうちょっと頑張って”という指示が飛んだのでなんとか耐え、組体操は成立しました。

ロケ終了後、着ていたつなぎを見たら背中がビリビリ。厚手の段ボールを3枚背中側に入れていたんですが、それも全部破れていました。もうちょっと長引いたら、ヤバかったかもしれません」

西村「今の事務所に入りたての頃、親交を深めるために僕らとテレビ局の人とマネージャーの4人で飲みに行ったんです。マネージャーが途中で“クレジットカードを渡しておくから、支払いをしておいて”と言い残し、帰ったんですね。

僕は“キャバクラ、行っちゃいましょうよ!”とテレビ局の人を誘い、そのカードで飲み食いしました。結果、マネージャーにブチギレられて、事務所をクビになりそうに(笑)。土下座して謝りましたよ!」

この20年でいちばんキツかった仕事は?

小峠「7〜8年くらい前ですかね、秩父の山奥で10日間、特番の企画で超能力合宿をしたんです。芸人10人くらい集められて、パワースポットみたいな神社で寝泊まりしながら修業を積み、超能力を芽生えさせるみたいな。

食事前には、“どの紙コップに記号が書いてあるか”的な透視の練習をさせられるんです。それをはずすとメシ抜き。僕はほとんど、食べられませんでした……。一方で西村はナゾの能力が芽生えて毎食、食べてました」

西村「合宿で太っちゃいましたよ(笑)」

小峠「僕らはこの企画に、オーディションで選ばれたんです。その内容が、紙コップを裏返しにして、底に漢字でもマークでもなんでもいいから書く。ただ、自分が強く念じられる文字にしろと。他にまっさらの4つの紙コップを足して、どれが書いたコップかを当てるんです。

僕は“笑”という字を書きました。それで開けてみたら、偶然当たった。西村も当たったんですが、底を見てみたらコイツの書いた文字は“毒”」

西村「全く売れていない時期だったから、心が荒んでいたんでしょうね(笑)」

小峠「しかも結局、その番組で映った時間は僕が3分、西村は2秒ですよ」

西村「“そんな厳しい合宿で、毎食食べられるヤツは面白くない”って(笑)」

小峠「しんどい仕事はままありますけど、たいてい1〜2日で済むんです。これは10日間もあったのがキツかった。2日過ごしても“あと8日”とか、全然減った気にならない」

西村「確かに僕もあれが一番キツかったかも。“超能力を研ぎ澄まさなきゃいけない”と言われて、携帯を没収されてね。娯楽が全くないのがつらかった〜」

小峠「今思えば、あの透視の練習ほどムダな時間はないな(笑)」

この20年でいちばん恥ずかしかった瞬間は?

小峠「何年も前の話ですが、僕らが人生でいちばんスベった日ですね。

当時はまだ僕がボケ、西村がツッコミ。変なネタばかりやっていた時期で、ライブで披露したネタが僕は大工の親方、西村が弟子という設定でした。西村が釘を飲み込んで、“親方、釘を取ってください”と言う。通常なら吐き出させるんでしょうけど、僕は西村を四つん這いにさせて、カンナで背中を削って釘を取るというネタでした。

よくライブで芸人がスベると“あまりの静けさに、空調のブーンという音が聞こえる”と言いますが、そんなの最初からずっと聞こえてた。途中、僕らのコントがあまりにつまらなかったんでしょう、席を立ったお客さんがいたんですよ。その人が席を立った瞬間、膝がパキッと鳴った音までが聞こえて……。あれは恥ずかしかったです」

西村「別のライブで、小峠が公開録音をしているラジオDJ、僕がそれを聞いていた入院中の患者という設定のコントをやったんです。洗濯機の排水ホースを腸に見立て、DJのところに駆けつけた患者の腸が飛び出るみたいなネタだったんですけど、さっき小峠が話した日と同じくらいスベって。

ライブ後に、マネージャーから“オマエら、このネタもう1回でもやったらクビな”と、そこでもクビを宣告されるという。みんなの前で言われて、恥ずかしかったな〜。排水ホースは、その日に捨てました(笑)」

単独ライブ『ハート』について

--トークテーマ、ありがとうございました。コントの匠みたいなバイきんぐでもめちゃスベっていた時期があるという貴重なお話もありましたが、そこからどうやって『キングオブコント』で優勝できたんですか?

小峠「優勝する4年くらい前からかな、2ヵ月に一度、新ネタを6本下ろすライブをやり始めたんです。そこからちょっと変わりましたね」

西村「それで結果が少しずつ出てきて、『キングオブコント』優勝の少し前に『オンバト+』で3位になったことで、確信できた感じです」

--先ほど話題に出ましたけど、ボケとツッコミが以前は逆だったんですよね。交代しようと思ったきっかけは?

小峠「6本下ろすライブのために、いろんなパターンのネタを作らなきゃいけない。ボケとツッコミを逆転したり、ダブルボケにしてみたり。試してみると、僕がツッコミ、西村がボケのネタがよくウケることがわかったんです。それで固定しました」

今回のネタ作りが、今までで最もしんどかったです

--そして現在は年に一度、単独ライブを公演しています。今年は『ハート』ですが、どんな感じになりそうですか?

小峠「特に新しいことをやるわけでもなく、5〜6分の短めのネタをバンバンバンと見せる感じです」

西村「小峠が書いたネタを見せてもらいましたが、今年も粒ぞろいですよ!(笑)」

小峠「実は今年がいちばん、ネタを書くのが大変でした。毎年、ネタ作りはかなり早めに取り組んで、ライブの1ヵ月前にはきっちり揃えるんですけど、マジでできないんじゃないかと思ったくらい。これまでも2〜3週間は書けないという時期がありましたが、今回はまるまる1ヵ月もネタが浮かばなくて。それが2回あったので、キツかった……。今までで最もしんどかったです」

--そういう時って、ネタ帳の前でうんうん唸っているんですか?

小峠「そうです。行きつけの喫茶店でネタを書くんですが、そこでよく会うオッサンが僕のノートをのぞき込んで“おや、どうしたの。真っ白だね!”って言うんです。あっ、20年間でいちばんムカついたのはこの言葉かも(笑)」

--さらにバイきんぐの単独と言えば、合間のVTR企画が恒例の2人旅ですが、今回はどこへ行くのでしょう?

小峠「今年は沖縄になるみたいです。ただ、僕は何をするかは全く聞いていません」

西村「天気が良ければいいんですけどね〜(ノリノリ)」

小峠「……僕は乗り気じゃないんですけど」

西村「コイツはいつも無理やり連れて行かれますから(笑)」

--バイきんぐのライブは男性客がとても多い印象ですが、お笑いライブでは珍しいですよね。

小峠「ありがたいことです。若い女の子は新しい芸人が出てきたらそっちに飛びつきますが、オッサンは裏切りませんから」

西村「いいフレーズだね、“オッサンは裏切らない”」

小峠「オッサンは、死ぬまで来るんじゃないですか?(笑)」

--『ハート』の見どころは?

小峠「僕ららしいコントを、わかりやすくリズム良く見せるところですかね」

西村「今年で小峠が40歳、僕が39歳。体力的なピークはとうに過ぎていますけれども……、長年培った経験とかテクニック的なものは円熟味を増していると思います! その辺を見に来てほしいですね」

小峠「いやいや、俺たちにテクニックなんてないだろ!」

西村「体力の話をした後、着地点を見失っちゃったもんで、適当に言っちゃった(笑)」

バイきんぐ・単独ライブ『ハート』

会場:北沢タウンホール

7月16日 開場17:30/開演18:00
7月17日 開場13:30/開演14:00
開場17:30/開演18:00

チケット:THANK YOU SOLD OUT!