簡単なのに色っぽさ最上級♡ボブにぴったりの「濡れハネ」浴衣ヘア

写真拡大

浴衣ヘアといえば「お団子」が一般的ですが、ボブなどの短い髪だと、長さが足りなくてうまくアップにできませんよね。でも、せっかく浴衣を着るならいつもと違った雰囲気を楽しみたいもの。そんなときは、髪の質感を「ウェット」にチェンジするのがおすすめ!  無理にアレンジをしなくても、ニュアンスを変えるだけで普段とは違ったイメージに変身できちゃうんです。そこで今回は、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの福池千鶴さんに、外ハネ&濡れ髪で作る、簡単浴衣ヘアアレンジを教えてもらいます。

ウェットにするだけ。色っぽ浴衣ヘアの作り方

ストレートアイロンで髪全体を外ハネになるようにクセ付けしたら、ウェットな質感になるジェルやポマードを使って、髪に濡れたような質感と束感を与えます。髪を耳にかけ、耳の後ろでバレッタやピンなどをランダムに留めれば完成。髪をウェットにすることで艶っぽくなり、浴衣との雰囲気もばっちりに。また、横でなく耳後ろにヘアアクセサリーをつけることで、うしろ姿までかわいく見えちゃいます。

とっても簡単なので、ヘアアレンジが苦手な人でも失敗知らず! この夏は、髪が短くても色っぽく浴衣を着こなせそうですね。

使用化粧品
ステージワークス ジュレシェイク

浴衣 ¥6,000、帯 ¥3,000/共にキモノ葉月、バレッタ(上から)¥7,900 ¥6,400 ¥5,900(コレットマルーフ/ギャップインターナショナル)/コレットマルーフ、ピアス ¥7,408/VALOT ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
キモノ葉月:www.facebook.com/kimono.hazuki、コレットマルーフ:http://www.colettemalouf.jp/、VALOT:http://valot.net/

photo:鈴木花美

【関連記事】
・ ショートでもできる♡夏の簡単浴衣ヘアアレンジ
・ 「湯上り感」がお手本♡大人の色香を演出する浴衣メイク

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。