写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●僕にとって『ウルトラマンX』がゴール
2016年7月9日(土)から、ウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマンオーブ』の放送がスタートする。ウルトラマンシリーズの原点にあたる『ウルトラマン』(1966年)の放送から50年というメモリアルイヤーに登場する新たなウルトラマンは、歴代ウルトラヒーローの力を借りて戦う斬新なスタイルとなった。ウルトラマンオーブは、普段は正体不明の風来坊クレナイ ガイという青年に姿を変えている。彼ははるか昔に封印され、現代に復活した「魔王獣」を倒すことで、ウルトラフュージョンカードを入手。これを2枚組み合わせ、ウルトラヒーローの能力を使いこなすのだ。

シリーズの世界観を構築し、全体のストーリーを組み立てる重要な役目を担うメイン監督には、昨年の『ウルトラマンX』に続いて田口清隆氏が選ばれた。ここでは、2年連続でメイン監督を務めるにあたり、前作とどう変化をつけるのか、そしてウルトラマンシリーズ放送開始50年ということで、どのような「仕掛け」を盛り込んでいるのか、などを田口監督にじっくりとうかがってみた。このインタビュー記事を読めば、新シリーズ『ウルトラマンオーブ』に一層の期待が高まること間違いなしである。

――田口監督に新作ウルトラマンのメイン監督を……というお話が来たのはいつごろだったのでしょうか。

『ウルトラマンX』劇場版の仕上げ作業をしているタイミングでしたから、昨年の暮れあたりですね。いきなり大岡(新一)社長に社長室へ呼ばれて、集められた今回のプロデューサー陣全員の前で「来年もメインをやってもらいたい」と言われたんです。それはもう、お断りできないですよ(笑)。

――ここ数年のウルトラマンシリーズで、2作続けてメイン監督を担当されるのは異例のことだとうかがいました。

基礎設定を作る際、今回のシリーズでは「防衛隊」に重きを置かないことが早々に決定していました。僕自身、防衛隊を描くのが大好きなものですから、得意な武器を封じられた感覚だったんです。そこで、僕の知りうる最強最後の武器として、メイン脚本を中野貴雄さんにお願いしようと思ったんです。

――中野さんは小林雄次さんと共に『ウルトラマンX』でもシリーズ構成に参加されていますが、メイン脚本として第1、2話から取り組まれるのは初なんですね。

中野さんも僕も『ウルトラマンギンガS』の「ガンQの涙」や『ウルトラマンX』の「激撮!Xio密着24時」のような、メインのお話と離れた脇のエピソードを担当して、思い切り遊ぶのが好きなほうなんです。でも今回は、初めからタテ軸(メイン)のお話しかやらせないぞ、と言われていて、だったらタテ軸回、遊びの回といった区分けをなくして、全話に遊びの部分を加味したシリーズにしたいと提案したんです。「通常は3番手、4番手で、いたずらをするタイプの僕たちが先頭に立って作ったら、何が起きるのか」というウルトラマンにしていこうと口説いて、引き受けていただきました。

――ウルトラマンシリーズの放送開始50年の年に放送する作品というのはどういった部分で意識されましたか。

実は、去年の『ウルトラマンX』を作った時、今年またもう一作メイン監督をやるなんて考えてもいなかったので、自分の中での「ウルトラマン」50年の集大成的な要素はすべて『ウルトラマンX』に盛り込んでいたんですよ。さらに劇場版も監督することができて、もう「ウルトラマン」の集大成はやりつくした思いでした。

そういった意味で僕にとって『ウルトラマンX』がゴールというべき作品だったので、次に担当する作品は新たなスタートを切る作品にしたかったんです。ヒーローキャラクター的にはウルトラマンやウルトラマンティガの力を借りて戦う設定が決まっていたので、そこからさらに設定や世界観で過去作品を思わせるような仕掛けはいらないだろうと割り切りました。

●ウルトラマン"さん"、ティガ"さん"の秘密
――主人公のクレナイ ガイに、俳優としてすでにキャリアのある石黒英雄さんを起用した決め手とは何だったのでしょうか。

『ウルトラマンX』のキャストは新人主体で選ぶ方向で、メイン隊員たちは80人くらいオーディションをして選んだのですが、今年は少し年齢が上の主人公ということもあり、キャリアのある役者さんから数人程度に絞って選んでいます。中野さんが書いてくるガイのキャラクターって、まるで60年代のアクション映画に出てくる風来坊って雰囲気なので、現代の人がそのままセリフを話すとコントみたいに思われかねないときがあるんです。

でも石黒さんはそのあたりをきちんと消化して、ガイを自分のものにされていますね。僕のほうからも、語尾はどんどん変えていってと話しているんですけれど、石黒さんからも「ちょっとオチャメなガイを見せたい」と提案があったりして、親近感のわく人物像になっていると思いますよ。

――変身するときに、「光の力、お借りします!」と敬語を使うあたり、ガイは歴代ヒーローへのリスペクトが強い男なんだと思わせますよね。

「ウルトラマンさん、ティガさん」って、歴代ヒーローを「さん」付けで呼ぶでしょう。ああいう呼び方するのって、僕が好きなんです。オーブは最新、最若手のウルトラマンなので、先輩ウルトラマンには敬意を表するべきではないか、って考えがあるからです。おそらく僕があの世界にいたとしたら、ウルトラマンを見たときに「ウルトラマンさん!」って呼ぶと思いますから(笑)。

――変身アイテムである「オーブリング」も放送前から発表され、話題を呼んでいます。

『ウルトラマンX』のエクスデバイザーより大きくてかさばるんですよ。エクスデバイザーは常に腰に付けていることができたのですが、今回常にむき出しは無理だなと。時々ガイは旅に出るときに帽子をかぶるんですけど、それもいきなり腰元から出すんです。都合がいいのは、ガイは人間にウルトラマンが憑依しているのではなくウルトラマン自身なので、巨大化できる人が帽子をどこからともなく出すくらい余裕だろうと納得はしやすいんですよね。

――防衛隊の存在が希薄な代わりに、SSPなる民間グループがガイと関わりを持つ設定ですが、「怪事件や怪現象に興味のある普通の若者たち」という設定が自由度の高さをうかがわせています。

最初、中野さんのアイデアでは、SSPとガイを「少年探偵団と名探偵」みたいな関係性にしたかったようなんですけれど、子どもをレギュラーにするのはスケジュール的にいろいろ大変だ、ということもあって、大学を出たくらいの若者達になったんです。

SSPって、異常現象を追いかけてサイトにアップするチームで、これって現代版『ウルトラQ』の万城目、一平、由利子のトリオのような立ち位置なんです。彼らに関わるガイは風来坊で、『ウルトラセブン』第1話のモロボシ ダンですよね。ナオミの叔父である渋川さんはビートル隊に所属する隊員で、『ウルトラマン』ハヤタのパロディ的ポジションでもあります。結果的にキャラクターシフトには『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の要素を入れていることになりますね。

●特撮シーンも常に一捻り
――例えば防衛チームだと、チーム内の決まりや規律などがある程度あって、好き勝手には動かせないところがあるのかもしれませんが、『ウルトラマンオーブ』での各キャラクターは自由に動かしやすい造形となっているのが特徴というわけですか。

『ウルトラマンオーブ』を作るにあたり、僕が提唱しているのは「面白ければいいんじゃない」ってこと。現場でも、時々ちょっとそれじゃやりすぎかなって言われるような、普段なら抑えておこうかっていう部分があっても、なるべく面白いならいいやって通すようにしているんです。テストをやってみて、スタッフの誰かがクスッと笑ったら、それがOK!ってね(笑)。

やるからには今までと違うことをしないと新しくなりませんし、何より僕は現場が楽しくなければ映画が楽しくならないタイプ。自分のテンションの高い低いが、モロに画面に現れてしまうんです。

――第1話から新怪獣(魔王獣)マガバッサーが登場するなど、特撮シーンにも期待が集まりますが、今回はどんなところに力を入れましたか。

毎回、1話に一つくらいは「おっ!」と思うくらいのことをやらなきゃいけない、という方針を打ち立て、それを踏襲しています。第1話のマガバッサーは鳥の怪獣なんですけれど、今までの鳥怪獣って地上に降りたらそこで飛ばなくなることが多いので、マガバッサーは戦いの合間にもビョンビョン飛ぶような演出を試みています。

第2話でのマガグランドキングはデカすぎて格闘には向かなかったので、尻尾を少し小さく改造して動きやすくしつつ、巨大な大砲みたいにしちゃえと。特殊なビームを撃つんですけど、その破壊シーンには、今までになかったような演出を試みるなど、常に一捻りは入れるようにしています。大いに期待してください!

――怪獣とウルトラマンオーブのバトルシーンについては、大の怪獣映画ファンである田口監督のこだわりが随所に出てきそうで、とても楽しみです。

もともと、ヒーローの出てこない『ウルトラQ』や『ゴジラ』などが好きですから。『ウルトラマンオーブ』でも登場する怪獣一匹ずつの属性や過去などにこだわって、怪獣を丁寧に演出していきたいんです。なるべくそうしようと、シナリオの方たちにもお話作りをお願いしています。

――『ウルトラマンオーブ』ではガイの過去やライバル・ジャグラーの目的など、いくつかの謎をはらんだままストーリーが続いていく、連続性というのも強調されているんですね。

シリーズ構成を『ウルトラマンX』よりも詰めていって、最初の段階から最終回にこうなります、という構想をある程度固めて作るスタイルを徹底しています。「遊ぶ」っていうのがテーマのわりに、ストーリー構成の部分は毎週観て楽しめる連続性があり、面白くなっていると思います。

――最後に、田口監督から『ウルトラマンオーブ』のここを見てほしい! という見どころを教えてください。

意識的に過去シリーズへのオマージュのようなものを排除して、新たなるウルトラマンの可能性を拓くため、独自のウルトラマン像を目指して作っています。しかしその一方で、作品の中にあらゆるウルトラマンの要素が詰められてもいます。今撮影していて「原液」に近い何かができているのではないかという、手応えを感じます。ウルトラマン50年の年だからこそ「ゴール」を作るつもりではなく、前向きに新しい「スタート」を切って、より高みに飛んでいくようなシリーズにしたいと思っています。

『ウルトラマンオーブ』は7月9日(土)あさ9時から、テレビ東京系全国ネットで放送スタートする。

(C)円谷プロ
(C)ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京

(秋田英夫)