写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2005年より"ハイパーミッドナイトアクションホラードラマ"と題され、深夜帯の特撮ドラマとして、TVシリーズがスタートした『牙狼〈GARO〉』。10周年を迎え、今なお衰えることのない黄金伝説の始まりが、本作のために開発されたデジタル新技術にてHD化され、Blu-ray BOXとして2016年12月22日にリリースされる。

特撮界の重鎮・雨宮慶太監督による、従来の特撮ヒーローイメージとは違った、ダークな世界観とTVシリーズとは思えない贅沢なCGアクションにより、大人の特撮ドラマとして人気を博した『牙狼〈GARO〉』。これまでに、TVシリーズ6作品、劇場版6作品のほか、スペシャルドラマ、OVA、TVアニメ、劇場版アニメなどさまざまな映像作品が制作され、小説、ゲーム、フィギュア、アクセサリー、パチンコ遊技台など幅広いメディアミックスも行われる人気シリーズとなっている。

そんな『牙狼〈GARO〉』の1stシリーズをHD化したBlu-ray BOXには、TVシリーズ全25話+未放映エピソード1話を収録。当時の思い出や撮影秘話などが楽しめる全話副音声コメンタリー付きという、ファンにはたまらない仕様で、TVスペシャルである『白夜の魔獣 長編版』(2007年制作)も収録されるなど、1stシーズンを完璧網羅した内容となっている。

『牙狼<GARO>』1stシリーズのBlu-ray BOXは、2016年12月22日の発売予定で、価格は35,000円(税別)。発売・販売元はバンダイビジュアル。

なお、『牙狼<GARO>HDリマスター版』が2016年7月8日(金)よりテレビ東京系6局ほかにて放送開始となるので、こちらもあわせてチェックしておきたい。詳細は公式サイトにて。

(C)2005雨宮慶太/Project GARO
(C)2006雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル