写真提供:マイナビニュース

写真拡大

沖電気工業(OKI)は7月7日、日本アビオニクス(日本アビオ)のプリント配線板事業を取得すると発表した。2016年10月1日より技術・設備移管や各種認定取得などを順次開始し、2018年3月31日までの事業移管完了を目指す。なお、日本アビオが行っているほぼ全てのプリント配線板事業はOKIのEMS事業拠点である沖プリンテッドサーキットとOKIサーキットテクノロジーに移管され、継続していく。

日本アビオは宇宙・航空・半導体検査装置向けを中心とした高難易度・高信頼性プリント配線板事業を1964年より展開してきたが、近年の環境変化を踏まえてその位置づけを見直していた。OKIはEMS事業の成長のためには付加価値の高い大型・ニッチな高多層プリント配線板事業のさらなる強化が必要と判断し、今回の事業移管を決定したという。

OKIは今回の事業移管について「本件は、OKIの強みであるハイエンド製品向けプリント配線板事業とのシナジー効果が大きく、国内の大型・高多層基板市場シェアトップを目指します。」とコメント。また、プリント配線板から最終製品組立までの一貫受託生産を拡大し、EMS事業で2016年度の売上480億円を目指すとしている。

(神山翔)