写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで8日、7月9日よりスタートする夏のスペシャルイベント「ディズニー・サマーフェスティバル」(〜8月31日)のプレスプレビューが行われ、メディテレーニアンハーバーでは夏限定ショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」がお披露目された。

「ミニーのトロピカルスプラッシュ」は、トロピカルでラテンなノリのミニーが主役のウォータープログラム。今年はミニーやデイジー、クラリスが"カーニバルクイーン"をイメージした新しいコスチュームで登場するほか、新たにホセ・キャリオカとパンチートが仲間入りした。

最初にメキシカン風にアレンジされた東京ディズニーシー15周年のテーマソングが流れ、天気の見張り番としてフルーツを育てるホセ・キャリオカとパンチートが登場。そして、フルーツの豊作を祝うカーニバルの開催をアナウンスした。

陽気なトロピカルな音楽が流れると、4つの大きなフルーツのバルーンが水上バイクに引っ張られてメディテレーニアンハーバーに現れ、続いてトロピカルフルーツが飾られた船に乗ってミニー、デイジー、クラリスが登場。ミニーはラズベリー、デイジーはパイナップル、クラリスはドラゴンフルーツをイメージし、頭にも大きなフルーツを飾った新コスチュームを披露した。

そして、ミッキーとドナルド、チップとデール、グーフィーが、フルーツを積み込んだ2隻の船に乗って登場し、ミニーの「トロピカルシャワー!」の合図でカーニバルがスタート。船からシャワーが噴き上がる中、ミニーたちは歌とダンスを披露し、ミッキーやチップ、デールはゲストに向かって水をまき、陸ではエンターテイナーたちが踊り出す。

その後、「トロピカルスプラッシュ!」「トロピカルスコール!」というかけ声と共に水の激しさが増し、大放水がスタート。ミニーの「ずぶ濡れにしてもいいのかしら?」という問いかけにみんなが歓声で応えるとさらに水量が増し、ミッキーやドナルドは陸に上がってゲストと一緒に大はしゃぎ。その後、「トロピカール バナナ〜!」の掛け声でますますヒートアップし、ゲストもキャラクターも「ヘイ! ヘイ! バナーナ!」のリズムに合わせて踊り、びしょ濡れになって夏を楽しんだ。

東京ディズニーランドでは同期間、「ディズニー夏祭り」を開催し、シンデレラ城前では、大量の水を浴びながらディズニーの仲間たちと踊って盛り上がる"和"をテーマにした夏限定ショーを公演。また、東京ディズニーシーでは初日の7月9日より新ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」もスタートする。

撮影:蔦野裕