写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは7月8日、NETGEAR製の無線LANアクセスポイント(AP)を標準で10台、ライセンス追加で最大15台まで管理が可能な中小規模のネットワークに適した無線LANコントローラ「WC7500」と、AP5台追加用ライセンス「WC05APL-10000S」を同月29日から発売すると発表した。

WC7500は、複数台の同社製ビジネス向け無線LANAPを一括管理するための無線LANコントローラ製品。オフィス内に複数台設置したAPを1台ずつ設定するのは、ネットワーク管理者の負荷となるほか、設定ミスも発生しやすく、トラブル時の切り分け作業も煩雑だという。

WC7500を導入すると、単一の管理画面からすべてのAPの設定・管理が行えるようになり、導入・運用に要する時間・コスト削減を可能としている。また、新製品の管理下のAPは、AP間の電波干渉を検知して無線チャネルを変更したり、電波の届きにくい場所を減らすよう出力を上げることが自動的に行われる。

さらに、スマートフォンやタブレットなどのモバイル無線子機がAPのカバーエリア間を移動すると、最適なAPへの再接続が短時間で行う。価格は、いずれも税別でWC7500が27万円、WC05APLが2万4375円。